iPhone修理 専門店 スマップル赤坂店店

iPhoneのカメラが映らない?背面カメラだけが壊れてしまったら?

iPhoneを使うにあたって結構カメラの機能というのは使う機会も多いことでしょう。言葉でも伝えられることはあるけれども写真一枚送った方のが分かりやすいこともあるので、普段写真は撮らないけれどもメモ替わりに使用されていることはおおいでしょう。

もちろん通常の写真を撮るという行為で使用されている方もいらっしゃるでしょう。

時には動画を撮影して配信サイトに上げることにも使われていますね。

連絡を取る手段としてスマートフォンを使用されているのであれば、登場の機会は少ないかもしれませんが、それでも全く使わないという方はかなり少数になるのではないでしょうか。

そんなカメラが壊れてしまうことはあるのかというと、意外と壊れてしまう事は多々あるようです。

カメラレンズに直撃して割れてしまうこともありますが、その事例はそこまでありません。

カメラレンズが割れた際には、放置してホコリが入ったりしていなければ、カメラレンズ修理だけでも大丈夫なことがほとんどです。

カメラ本体が壊れる時には、外からの見た目には異常がないことのが多いと思います。

外からは割れているとかは見えなくても、カメラアプリを開いてみたら割れが映っていたり、全く映らないということもあります。

 

本体の右上に付いているカメラですから、フレームからも近く落としてしまった時の衝撃などが伝わってカメラだけが壊れてしまうこともあります。

インカメラに変換してみると映ることからカメラの故障というのが分かるでしょう。

カメラアプリの故障という線は少なく、他のカメラアプリでも同様に映らなくなります。

ならばカメラ修理をすればいいのです。

カメラ修理といってもカメラパーツの交換ですから、基本当日にはお直しが出来ることでしょう。

カメラの修理が済めば正常に映るようにもなります。

特に修理をしたからといって、カメラ映りが悪くなるということはありません。

他にもカメラがブレてしまっていたり、ピントが永遠に合わない、ズームや超広角などのモードが使えないなどもカメラの故障である場合が多いので、そんな時でもお気軽にお問い合わせくださいませ。