iPhone修理 専門店 スマップル赤坂店店

iPhoneを買う時の容量も実は肝心だった、リンゴループ対策は空き容量を確保しておくこと?

iPhoneの容量には気をつける様にしましょう。

iPhoneでは昔から、androidでも増えてきている、容量の固定。

端末を購入時にその本体容量を決めなくてはなりません。

ある程度使用されてきた方だと、どれくらいの期間でどれだけ使用しているかが何となくでもわかってきているのではないでしょうか。

データがいっぱいの状態でもiPhone自体が使えなくなってしまうわけではありません。

それでもカメラの撮影が出来なくなってしまったりもします。

それだけで済んでくれればいいのですが、容量いっぱいの状態では大きな故障に繋がってしまう可能性が高くなります。

それが「リンゴループ」

ふとした時に電源が落ちたり、再起動してしまった時に陥ることのある故障となり、起動時のAppleのロゴマークが点いたり消えたりを繰り返して、一向にホーム画面へといかない故障となります。

パーツの故障でもなりえる故障ではあるのですが、リンゴループになってしまった方に話を聞くと結構な確率で「データがいっぱいの状態だった」と回答されます。

主な改善方法はiTunesにて「アップデート」を行ってiOSの入れ直しであったり、「復元」で初期化を行うことで起動に繋がることもあります。

時には上記では直すことが出来ずに、基板修理となることもあるでしょう。

購入時のことを思い出し後悔しないためには、余裕をもった容量のiPhoneを購入するということは大事になってきます。

データがとても大事という方では、もしかしたらお力になれることもあるかもしれません。

iPhoneがリンゴループになってしまった際にはお気軽にお問い合わせください。