iPhone修理 専門店 スマップル渋谷本店店

iPhoneのリンゴループは、調査をしてみて修理をしてみてどうか。

iPhoneの電源を入れると、一番初めにはAppleのロゴマークであるリンゴのマークが現れます。

その後、少し待っているとロック画面へと切り替わり使用することが出来るようになるでしょう。

ですが、リンゴマークが現れてから少し経つとロック画面に行かずに、再度リンゴマークが現れる様になってしまい、一向に起動しない状態となってしまう事があります。

これがいわゆる「リンゴループ」という現象となります。

リンゴループになってしまう原因は様々な物があり、見た目での判断が出来ません。

分解してみたり、パーツを付け替えたりしてみて一つ一つ原因を探っていくようになります。

ですが、よくある故障の原因となるものは存在します。

 

『水没』今のiPhoneは防水機種ではありますが、やはり完璧というわけではありません。

テープやパッキンの劣化によって水が入るようになってしまったり、長年の使用で本体が僅かにでも反ったりしてしまえば隙間が出来るのでそこからも水の侵入経路ともなります。

水没で完全に起動しないこともありますし、リンゴループになることもあるので状態次第とはなりますが、基板洗浄から初めてみることになりそうですね。

 

『イヤースピーカー』iPhoneX以降の機種でありがちなのがイヤースピーカーの故障です。

パソコンなどもそうですが、起動する際には各種パーツのチェックが行われいるはずで、そこに引っ掛かってしまうと再度チェックをし直すことになり、それによってリンゴループが引き起こされている可能性があります。

イヤースピーカーの故障の場合では、取り外すか交換するかでリンゴループを抜けて起動出来る様になることがあります。

外してしまう事でも起動は出来ますが、電話で上のスピーカーから音がならない、近接センサーも使えない、そして顔認証が使えなくなってしまうので注意が必要になりますね。

 

『データ残量がのこり僅か』iPhoneでは本体に保存が出来る容量は決まっている端末になります。

特に写真をよく撮る方では購入時のデータ容量はかなり重要視しなくてはならない物ではあります。

PCのハードディスクなどでも言われている最低でも10%の空き容量は確保しておくべきではあります。

データがパンパンのままで使っていて、電源を切って再起動をしようとした時にリンゴループになってしまうことが多いようです。

日頃からのバックアップが肝心ということを、リンゴループになってしまってから初めて気が付くことも多いようです。

故障はいつ起こってもおかしくありませんので、データが肝心だという方でしたら、特に気を付けておいてください。

 

リンゴループに関しては正直時間に関して明確にお答えが出来るものではないのですが、少なくともお力になれる可能性は全くの0%ではありません。

やれることは残っている可能性もありますので、まずはご相談お待ちしております。