iPhone修理 専門店 スマップル赤坂店店

カメラに穴が開いたことで映る斑点模様、iPhone11のカメラ修理。

そんな背面ピンポイントで当たることはないと思われがちではありますが、iPhoneのカメラレンズ目がけて当たるということは結構あることのようです。

当店ではiPhoneのカメラ修理や、カメラレンズ修理も行っていることから、カメラ関連の故障でお困りのお客様は数多くいらっしゃいました。

カメラ故障では起きてしまってからの対処次第で交換するパーツが異なってきてしまいます。

割れてすぐにでも修理をしていただくことがベストではありますが、そうしないと後々問題も出てきてしまいます。

カメラレンズに穴が開いても使えないわけではなく、大穴であれば普通に写真も問題なく取れてしまうことが、勘違いの要因となってしまうのではないでしょうか。

今回カメラレンズが割れてしまったのはiPhone11の広角カメラの部分です。

なので一番使用する頻度の高いカメラの場所であることでしょう。

周りの場所では大きな割れや傷もないことからピンポイントでカメラレンズに直撃してしまったのでしょうね。

さてこの状態、初めは問題なく使えていても、そのままでずっと使用していれば問題も出てきます。

それが、

白い壁を撮影しようとカメラを開けば、出てくるのは黒い斑点のような水玉模様。

超広角状態へズームアウトすればカメラが切り替わるので問題なく撮影も出来ますが等倍やズームをしていた場合では出てくることにもなり、撮影をすればそのままの状態で斑点も一緒に撮影されます。

これは割れたカメラレンズの穴から中に入ってしまったホコリや塵が、更にカメラ本体の中まで侵入して映ってしまっている状態です。

ですからこの場合は背面カメラであるバックカメラ(アウトカメラ)の交換も必要となってしまっている状態です。

カメラレンズが割れてから早めの修理であればカメラレンズの修理だけで済むことも多いのですが、修理となると重い腰を上げなくてはならないので、後回しにしてしまいがちです。

ですが早めの修理が料金的にも状態的にも良い事へ繋がりますので、カメラレンズが割れてしまった時にはお早めに当店等にご相談くださいませ。

無事に修理が済みました。

今回はカメラレンズの修理とバックカメラの交換を行って綺麗に映るようになりましたね。

カメラの交換をしてしまうと画質が悪くなるというのは、どこから出てきたのか分からない噂です。

実際に体感していただければ違いがないことが判断いただけると思います。

当店では今回のような、カメラレンズの修理とバックカメラの交換を行う場合では、バックカメラのご料金だけで両方の修理が可能となっている大変お得な修理を行っておりますので、同じような状態でお困りの際には【スマップル赤坂店】へとご来店お待ちしております。