iPhone修理 専門店 スマップル渋谷本店店

電話をしたあとでiPhoneの画面がずっと暗いまま!?

何気なく使っているiPhoneにもたくさんの機能が備わっています。

今回は『近接センサー』について見ていく事にいたしましょう。

文字で何となく分かるのではないかと思われますが、接近したかどうかを判別するセンサーになります。

主な役割としては、電話をした時にiPhoneに顔を近づけると、画面が暗くなり・顔でタッチを反応してしまわないようにするセンサーでしょうか。

一見地味な機能なようにも思えますが、実は結構大事な機能にもなりますね。

触れないように耳を離せば聞こえづらくなるでしょうし、音を上げればその音をマイクが拾ってしまいます。

また離すほどにマイクも声を拾いづらくなることでしょう。

この機能が働かないことで通話中に誤って、通話を切ってしまったこともあることでしょう。

そうなっては面倒ですから、意外と重要な機能かもしれませんね。

この近接センサーは「フロントカメラ(インカメラ)」のパーツの一部となります。

ですが、それはホームボタンのある機種に限られます。

iPhoneX以降の機種では内部の構造が結構異なるので、フロントカメラではなく「イヤースピーカー」のパーツの一部となります。

そんな近接センサーのある位置ですが、イヤースピーカー穴の上や左にある黒丸です。

黒い画面だと分かりづらいかもしれません。

かなりよく覗いてみると、豚の鼻みたいな2つの穴があり、そこを通して判別しているようです。

大抵のフィルムなら大丈夫ですが、画面が外れかけていたり、物によってはずっと反応したままになることもあるようです。

衝撃などで位置がズレてしまった場合でも急に反応したままになってしまうこともあるので要注意ですね。

反応したままになってしまうと、顔を離してもずっと画面が暗いままなので、自分から通話を切ることが出来なくなってしまいます。

相手に切ってもらえればいいだけではありますが、ちょっと使い勝手が悪いでしょう。

当店ではメンテナンスやiPhoneのパーツ交換も行っておりますので、お困りの際には【スマップル渋谷本店】まで、お気軽にお問い合わせください。