iPhone修理 専門店 スマップル赤坂店店

iPhone画面の端縦ラインがタッチできないのは画面が割れたせい

ガラスの割れ程度であれば全然気にしないという方もいらっしゃるかもしれませんが、画面割れは第一段階でもあり、そのあとにやってくる悪化は結構厄介なものばかりです。

一部の表示不良もあれば、画面が映らなくなってしまうブラックアウト、タッチセンサーも画面にあるのでそこが壊れてしまえば、操作も困難となるのではないでしょうか。

画面が割れた段階でどこにどれほどの衝撃が加わっていて、今後の動作については分からない物ともなるので、画面が割れてしまった段階でお早めに修理をしてしまうことが、急に使えなくなるということを避けることができるでしょう。

今回のお客様のiPhone11では右下から画面が割れてしまっていますそれに伴い右端約1cmのタッチが反応しなくなってしまっていました。

黄色い線で横に書いてみたところ、タッチの利かない場所がハッキリと分かりますね。

iPhone標準搭載のメモを使っていますので、もし同じようにタッチが利かないかもと思っているようであればお試し下さい。

右端が使えないとかなり大変です。

文字入力で間違えた時に消す「×」ボタンであったり、確定ボタン、LINEの送信ボタンなど重要なものって押しやすい位置にあるので、困りものです。

タッチセンサーは画面にありますので、今回は画面修理を試してみて利くようになるのか確認していきましょう。

黄色が修理前、青が修理後となり、画面修理をしたことで無事に画面右端も利くようになりました。

また画面ごとの交換をしているので割れていたガラスも綺麗になっています。

iPhoneの画面修理の目安は30分程度、大抵の画面の故障であれば画面修理でお直しが出来ることでしょう。

この週末でゴールデンウイークも終わってしまいます。

学校・仕事が始まる前にiPhoneの故障は直しておきませんか?

赤坂駅の6番出口を出て左に進むと当店がございます。

ご相談だけでも大丈夫ですので、お困りの際には【スマップル赤坂店】へとお越しくださいませ。