iPhone修理 専門店 スマップル渋谷本店店

iPhoneがブラックアウトで何も画面が映らない、強制再起動してみるか画面修理。

機種問わず、画面の種類問わず起きてしまう可能性のあるiPhoneの画面の故障である「ブラックアウト」

電源が入っているので、着信音であったり通知音、アラームなどは鳴っているのですが、一向に画面が映らない故障。

寝起きから始まっていた場合だとアラームが鳴り続けてしまい、困ってしまっていた方も多いのではないでしょうか。

iPhoneのブラックアウトの場合ではお客様自身で直すことの出来る場合と、修理店で修理をしなければ直らない場合があります。

お客様自身で試すことの出来る内容というのが「強制終了」です。

パソコンで電源ボタンを押して無理やりシャットダウンさせるのと同じで、画面に触れなくなくてもボタン操作だけで、電源を落とすことの出来る操作がiPhoneにも存在します。

iPhone6sシリーズまでの機種では、電源ボタンとホームボタンを同時長押しをすることで強制終了が可能です。

画面が落ちるまでずっと押しておきましょう。

iPhone7シリーズでは、電源ボタンと音量下ボタンを同時長押しになります。

iPhone8シリーズ以降の機種では、音量上を押して離す・音量下を押して離す・電源ボタンを長押しを順番に操作することで強制終了が可能となります。

タイミングが難しとおっしゃる方もいらっしゃいますが、チャレンジしてみてください。

こちらも画面が落ちるまで、たとえ「スライドして電源オフ」が出てもそのまま長押しです。

強制終了は充電したままではリカバリーモードに入ってしまうので、ケーブルには繋いでいない状態で行いましょう。

また電源ボタンの連打は「緊急SOS」へ繋がってしまうので注意しましょう。

それでも、症状が直らない場合では画面故障である可能性があるので、是非当店までお持ち込みくださいませ。

割れある場合や元から表示不良が起きていたのであれば、その悪化の可能性が十分にありますね。

今回のお客様も強制再起動では真っ暗なままでした。

画面修理が済めば、正常に画面が映るようになりました。

真っ暗なままではバックアップも取ることが出来ません、買い替えだけではデータがなくなってしまう場合もあります。

ほぼ画面修理で直る可能性の高い故障でもありますので、今同じようにiPhoneが故障してしまっていて、友達や同僚の携帯からiPhone修理屋をお探しになられているようでしたら、【スマップル渋谷本店】へとご来店お待ちしております。