iPhone修理 専門店 スマップル赤坂店店

カメラに現れる黒いモヤはiPhoneのカメラ修理で直していこう。

iPhoneの背面にあるカメラ、バックカメラやリアカメラといった呼ばれ方をしています。

新しい機種の登場でかなり重要視されているほどに毎年新たな機能が追加されていっています。

そんな背面カメラですが、機種によって1~3個のカメラがついています。

広角カメラ・超広角カメラ・望遠カメラに分かれるでしょ。

「こんなにカメラがいっぱいあっても私では使いこなせない」

とおっしゃられる方も多くいますが、実際にはピンチ(指2本で画面に触れ、その幅を大小に動かす行為)でズームアップしたりズームアウトしたりすれば自動でカメラが切り替わるので、iPhoneが勝手に行ってくれるので使いやすいようにして撮影するだけで、自然と使いこなせてしまいます。

そんなカメラもピンポイントで当たってしまえば、カメラレンズ部分が割れてしまいます。

カメラレンズは早く塞ぐことが出来るかどうかが肝心な内容ともなります。

それはなぜか?

カメラレンズのヒビ程度であればいいのですが、穴が開いてしまった時が肝心です。

小さなホコリがその隙間から入ってしまうことでカメラ撮影に問題が出てきてしまうからです。

カメラ内部へと潜り込んだホコリのせいで赤丸のような黒いモヤが発生してしまっています。

右下の方はフィルムの間に入った空気ですね。

カメラの外側を綺麗にしても、カメラレンズを新しくしてもこのモヤは出つづけてしまいます。

仮に穴が開いてしまってすぐにでもテープでもいいので塞いでしまっていれば、もしかしたカメラレンズだけの修理で済んでいたのではないでしょうか。

ですので、カメラレンズ修理は早めに行う様にしましょう。

当店では、iPhoneのカメラ修理だけでなく、画面修理やバッテリー交換など各種修理も行っております。

故障でお困りになっているようであれば、今は3連休、この機会にご来店お待ちしております。