iPhone修理 専門店 スマップル渋谷本店店

iPhoneの画面は割れていないけれども光線が、ついでにバッテリーも交換時期になっていた。

最近ではiPhoneを落とした時に画面が割れているかどうかは関係のないこともあります。

画面が割れていなかったとしても、画面修理をしなければならない現象では、画面に現れる光線であったり画面が一切映らなくなってしまうブラックアウトなどの故障があります。

ブラックアウトでは画面が映らないので操作が出来なくなってしまうので修理をしなければ使うことすら出来ないでしょう。

電話をかければ音は鳴り、充電をすればバイブが振動したりの確認は出来ることでしょうから、電源がついているかの判断は可能でしょう。

光線では主にiPhoneX以降のホームボタンのない機種で起こるようになり、緑の縦線であったり、白い太めの線が現れる現象です。

画面から表示部分までの距離がとても短いことで運よくガラスが割れなかった時でも表示だけには影響が出てしまうことは多くあります。

そういったことで起こる光線ですが、位置や幅はその時によって異なります。

画面端にあることもあれば、中央に、また絶妙な位置に現れることで、アプリが縦一列見えなくなってしまうこともあります。

光線は縦に現れて、横で起きているのはまだ見たことがないですね。

光線が出てしまっていたことで画面修理を行うのですが、バッテリーも劣化していたということで、バッテリー交換も併せて行うことになりました。

「著しく劣~」で切れてしまっていますが、著しく劣化とも表示が出るほどにお使いいただいていた様ですので丁度いいタイミングだったのではないでしょうか。

画面修理と一緒にバッテリー交換も行って頂くことで、割引というのも行っております。

タイミングが同時であれば一緒に修理してしまう方がお得ですね。

無事に画面修理が終われば、出ていた光線も消えて、バッテリーの重要なメッセージの劣化表記も消えています。

これからは少しはバッテリーの持ちも良くなった状態で正常な画面で使用することが可能となるでしょう。

iPhoneの故障でお困りの際には、当店までお問い合わせくださいませ。

当店ではiPhoneの修理・iPadの修理・任天堂switchの修理も行っております、修理箇所についてもお気軽にお問い合わせくださいませ。