iPhone修理 専門店 スマップル渋谷本店店

数秒で電池が減っていくiPhone、2台目の昔の端末ならバッテリー交換がオススメ

バッテリーには限度があることをお忘れなく。

乾電池とかであれば使い切り、一度すべてを使ってしまえば終わりとなりますよね。

最近では何度も充電できるタイプの物もあったりしますが、それはiPhoneのバッテリーなどと同じですね。

相当な回数の使用や充電を行うことは出来るのですが、それでもそこには限度というものがあります。

iPhoneのバッテリーでも「劣化」といわれる現象が起き、【(使っている間に)品質・性能が悪くなること】を差す言葉なので、単純に電池持ちが悪くなってしまいます。

その劣化を簡単に判断できるのは、「設定」です。

「設定」のアプリから、「バッテリー」へ、「バッテリーの状態」へと進んだ時に「iPhoneに関する重要なメッセージ」の説明文に『著しく劣化』という表記が現れていればバッテリーが劣化しているのでバッテリー交換を検討頂くタイミングとなります。

また「最大容量」もバッテリー交換の目安となります。

新品の状態であれば100%の状態ではありますが80%を切った数値となってくると交換のタイミングでば無いでしょうか。

また70%を下回る数値ともなってくると常時充電器に繋いでおけばギリギリ使える程度になってしまいます。

新しくiPhoneを購入した時に下取りに出したり、端末の返却を行わずにサブ機として使用されている方も多いでしょう。

本当に必要が無ければ当店ではiPhoneの買取も行っておりますので、お問い合わせください。

サブ機であって、ほとんどが家で充電しながら使用しているといっても、使用していればバッテリーの劣化は進んでいきます。

最大容量が50%とここまで来てしまうと、ほんの少し画面を付けているだけでも数秒単位でドンドンと電池が減っていき、充電をしたらこれまた早く充電が進みます。

保存できる電気量が減っていてそこでの0%~100%まででの表示となるからではないでしょうか。

この状態が進めば充電をしていても電源が落ちたり、果てにはどれだけ充電をしていても電池マークのままで起動すら出来なくなるでしょう。

ある程度使用が出来る段階での修理が必要ですね。

無事にバッテリー交換が済んだことで、最大容量も100%となり、少し画面を点けているだけでドンドンと電池が減っていくことはなくなりました。

当店ではiPhoneの修理、iPadの修理、任天堂switchの修理、iPhoneの買取も行っておりますので、お困りごとがございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。