iPhone修理 専門店 スマップル宇都宮店店

iPhoneのバッテリー交換はサービス表示が出てからでも遅くありません!

iPhoneのバッテリー交換はお済でしょうか?
もし交換をしておらず買ってから数年が経過している場合は電池残量があるにも関わらず電源が急にシャットダウンしてしまったりする等の症状が出ているのではないでしょうか?
もし似たような症状が出ている場合はバッテリーの交換を検討すると良いかもしれません!
今回のブログでは【iPhoneのバッテリー交換とサービス状態】についてブログにしてみました!
それでは、ご覧ください!

 

バッテリーの状態の隣にはサービス表記が出ている事もあります!

上の画像を見てみると設定アプリの中に入っているバッテリーの状態がチェックできますが、サービスと表示されているのが確認できます。
サービス状態というのは修理が必要です、といった意味があるようでバッテリー欄にこの表示が出ている場合は現在使用しているバッテリーに異常が出ている可能性が高いです。
また最大容量というバッテリーの現在の健康状態のようなものが数字として確認できますが、それが80%を下回っているとサービス状態が出てくる事もあります、中には80%より上でも実際は劣化している事があるという事もありますので、お客様の体感で減りが早いと感じるのであれば交換タイミングなのかもしれません。

 

バッテリー交換をすればサービス状態は無くなる事が多いです!

一部の機種以降を除いてバッテリーを交換すれば先ほどまで出ていたはずのサービス表記も無くなる為、数年間は使用していくことが可能になっております!
中には買ってから5年間バッテリー交換をしていない方もいらっしゃいます、定期的に状態をチェックしておくと良いかもしれませんね!