iPhone修理 専門店 スマップル赤坂店店

iPhoneが充電できないのはどこが悪い!?ケーブル?それとも本体?

iPhoneに肝心な充電についてのトラブルをご紹介していきましょう。

充電が出来ない時に考えられる故障個所を考えてみましょう。

「コンセント」から「ACアダプター」でUSBに切り替え「充電ケーブル」をiPhoneに繋ぎます。

「充電口(ドックコネクター)」を通り「基板」から「バッテリー」へと電気が溜まっていきますね。

なので上記の6か所の何処かが壊れてしまっている為、充電が出来なくなってしまっている可能性があります。

「コンセント」については壊れたという話はほぼないでしょうが、延長コードが壊れていることもあるかもしれませんので別の場所に差して確認してみましょう。

「ACアダプター」もあまりおかしいといった話は聞きませんね。

「充電ケーブル」これについては結構あります。外側が切れて中が見えてしまっていたり、端子の部分が汚れてしまっていることで充電が出来ないこともあります。見た目に異常がなくても内部で断線していることもよくあります。

ケーブルの交換をしてみる・別のiPhoneで充電できるかどうか試してみるなどして確認をしてみましょう。

ここまではお客様自身でも確認や交換が出来る範囲でしょうが、それでも充電が出来ないのであればiPhone本体の故障である可能性となるでしょう。

通常修理屋で交換の出来る項目となると「ドックコネクター交換」「バッテリー交換」となるでしょう。

「基板」故障の場合では本体交換をしてもらうことにもなるでしょうが、その場合には一度当店までお持ち込み頂けましたら調査を行ってからでも遅くはないでしょう。

起動はしているけれども充電が出来ないという場合では、「バッテリー」の線は薄いですね。

電池がなくなり、起動しないとなればバッテリーの可能性があります。

そして最後が「充電口(ドックコネクター)」充電器を差して上に持ち上げると反応する、ちょくちょく充電が切れたり入ったりするとかだと充電口の可能性は高いでしょう。

ゴミが詰まり過ぎて奥まで差さらず反応しないこともあります。この場合は清掃で改善するのではないかと思われますが自分で行って壊してしまう方もいらっしゃるので、できれば当店までお持ち込みくださいませ。

他にも充電ケーブルの端子の先が折れてしまったなどの充電とラブもお気軽にお問い合わせくださいませ。