iPhone修理 専門店 スマップル渋谷本店店

iPhoneからセミの声!?バイブが反応すれば異音が鳴る。

電話や通知があった時にお知らせをしてくれるものといえば音かバイブレーションではないでしょうか。

音に関しては出ないと着信や通知・動画やゲームでも必須のこととなりますがバイブレーションはどうでしょうか。

あったら便利でしょうが、なかったのであればしょうがないと思ってしまわれる方も多いようです。

ホームボタンを押した時の反応・着信や通知・充電器を差した時・マナースイッチの切り替え等、で使われる事になるでしょう。

音ではなく、震えることで感触で通知を判別できる、音以外の第二のお知らせ方法でもあります。

バイブが全く反応しないのであれば故障をしているので使えないのは仕方のない事ではありますが、反応はしているけれど、いつもとは違うこともあります。

 

通常のバイブレーションではiPhone全体が振動してくれていて、通知の際にもそこまで大きな音はなりません。

ですがバイブレーションが起こると今までのツクツクといった感じではなく「ジジジジジ」といったセミの鳴き声のような音が出てしまう様になる故障もあります。

この場合考えられる原因は主に3つとなります。

・バイブパーツ(タップティックエンジンの故障)

・バイブをフレームに固定するネジが外れてしまっている

・バイブをフレームに固定する土台が外れてしまっている

この3つが多いのではないでしょうか。

 

今回ご依頼頂きましたお客様のiPhoneXSも「ジジジッ」という音が鳴り、バイブレーションが反応しています。

まずは原因確認からですね、画面を開けて中を確認してみましょう。

リンゴマークに「TAPTIC ENGINE」と書かれてあるのがバイブとはなりますが、その両端にある3つのネジが全て外れてしまっていますね。

なのでバイブレーションが反応する時に暴れて色々な所に当たり、異音が発生していたようです。

ネジは本体の中の色々な所にバラバラになってありましたので、少し探すのに苦労しました。

ネジ穴の土台は問題なかったので、しっかりとネジを締め直しましたら、異音は発生しなくなりました。

一日に何度も振動すればネジが外れることだってあるでしょう。

iPhoneのバイブレーションに異常が発生しているようでしたら【スマップル渋谷本店】へお気軽にお問い合わせ下さいませ。