iPhone修理 専門店 スマップル渋谷本店

iPhone11のカメラレンズ割れ、修理は早めに依頼して穴を塞ごう。

表裏側面と色々とあるにも関わらず、なぜココにに当たってしまったのかと思う場所が、iPhoneのカメラレンズではないでしょうか。

飛び出ているカメラ部分はあれど、多くはカメラレンズに直撃してしまって割れてしまう事がほとんどであるのも驚きです。

カメラレンズが割れてしまう場合には2つの場合が存在します。

一つはカメラレンズのフレーム部分に当たり、凹んでしまった事でカメラレンズが押されて割れてしまった場合。

二つめが落とした時にピンポイントでカメラレンズに当たってしまった場合ですね。

一つ目のが症状として多いような気もしますが、実際には皆さんケースを付けているので、その高さはカバーされ側面から当たることはほぼ無く、カメラレンズ直撃の場合のみで割れてしまう事が多いのでしょう。

カメラレンズを保護するフィルムなども世の中には存在しますが、それを付けている方はごく少数ではないでしょうか。

今回も大穴が開いてしまっていますね。

この状態でもまだ運よく、カメラの映り事態には影響が出ていませんが、ホコリや傷がつき始めています。

カメラ本体への傷や、ホコリがカメラ内部へと入ってしまうと映りに影響が出てしまうので、カメラレンズの割れは急いで修理に出す必要がありますね。

それでは軽くホコリを除去しつつ、残ってしまっているカメラレンズを外していき、新たなるカメラレンズをはめ込んでいきましょう。

修理が無事に完了して、カメラレンズもはまり、穴はなくなりました。

そこまでカメラを使用しない方だと、結構放置してしまいがちなカメラレンズの割れではありますが、使いたい時に変なモヤが映る様になってしまったり、カメラ交換をしなくてはならずに余計な出費となってしまう事があるでしょう。

iPhoneの故障も早期発見・早期修理が肝心な事ではあります。

カメラレンズの割れも、急に映らなくなってしまったカメラも、カメラアプリだと止まっていても波打つ様に変になってしまうといったカメラの故障もお気軽にお問い合わせ下さいませ。

とりあえずカメラレンズの修理をして、後日カメラの修理をするといったことでも良いでしょう。

まずは早めにiPhone内部へ通じる穴を塞いでしまいましょう。

ページのトップへ