iPhone修理 専門店 スマップル渋谷本店

フレームが凹めばガラスが割れるiPadのガラス修理

大きいスマートフォンとなるとiPadのようなタブレットを使うととても便利ではありますが。

片手で持つというのは難しく、それなりの大きさがあるために難しいでしょう

またiPhoneよりも重量があるために、落としてしまった時の衝撃はかなりのものとなります。

そして肝心な「ガラス」ですが、その厚さはかなり薄いものとなるためにガラス面にぶつけてしまえばiPhone以上に割れやすい物となるでしょう。

それでもiPhoneよりは使用する場所は家の中であったりと限られているでしょう、もちろん仕事場で使用されている方もいらっしゃるでしょうが、生身のままで持っている事はあまりないでしょうし、持ち歩きの際には手帳型の様な画面を守るタイプのケースを利用している方がほとんどではないでしょうか。

ガラス面に当たってしまうと割れるのは何となく想像が付くでしょうが、iPadはフレーム当たってもガラスが割れてしまう事はあります。

ガラスの側面を覆う様にフレーム部分がありますが、その隙間はほぼ無い状態です。

なのでフレームに当たり、フレームが凹んでしまうとガラスが押されてしまい押し割れてしまうのです。

今回はそんな押し割れてしまった部分と、ガラス面に当たったことでバキバキに割れてしまったのでしょう。

機種にもよりますがiPadはガラスと液晶が別になっている物から、一体となっている物もあります。

今回はガラスと液晶が別になっているので、iPadのガラス修理を行って行くことにしましょう。

無事にガラス修理が終わればピカピカなガラスの登場となり、操作中に引っかかるという事もなくなるでしょう。

AppleではiPadの修理はいづれにしろ本体交換となるので、データそのままで修理の出来る点はメリットとなるでしょう。

対応可能なiPadの機種や、修理内容についてはお気軽にお問い合わせ下さいませ。

ページのトップへ