iPhone修理 専門店 スマップル渋谷本店

iPhoneのガラス割れも深さ次第では結構な故障に発展!?

iPhoneの画面、落としてしまえばガラスなので割れてしまうでしょうが、ガラスの割れだけで済めばまだいい方ではないでしょうか。

画面はいくつかのパーツに分かれているのですが、一番上にあるのはガラスとなるのでそこに当たればガラスが割れてしまうというのは想像が付くとは思います。

ですが画面割れの際にはそれだけでは済まないこともあるのです。

一部のガラスが外れてしまうこともありますし、タッチが反応しなくなってしまう、そして表示がおかしくなってしまう、もしくは映らなくなってしまうというのは本当に困ってしまいますよね。

今回お客様が修理いらにご来店されましたが、ガラス割れからの表示不良となってしまっていますね。

左下の割れが原因となるでしょうが、その割れは深く、表示部分までをも割ってしまったことで、黒く映らなかったりカラフルな線が縦に表示されていたりしてしまっています。

また一番下の方は上下反転した上部の映像が映るなどしてしまい、通常では起こらない故障が起きてしまっています。

ただのガラス割れだった物が、そのまま使っている事で悪化し同じような故障になってしまう事もありますので、画面割れの際にはお早めに修理をしてしまう事をオススメします。

時間があまりない方でも画面修理でしたら30分程度となるので、仕事前・休憩中・仕事終わりなどで少しのお時間があれば、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

画面修理が完了してしまえば、変な縦線もガラスの割れもなくなり、新しい画面となるので見えなくて困るという事はなくなるでしょう。

ツルツルな新しいガラスなので、指が引っかかる事もなく、怪我をする心配もなくなることでしょう。

そんなメリットしかない画面修理、今もiPhoneのガラスが割れたままで使っている方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

ページのトップへ