iPhone修理 専門店 スマップル赤坂店店

iPhoneが割れ、押せば波打つ液晶故障。

iPhoneのガラス割れにも割れの深さによって影響を表示にまで及ぼしてしまう事があります。

ガラスにヒビであったり、単純な割れ程度であれば光の反射などにより、割れた所が白く見えるのでこれでも十分に見えずらいことではあるのですが、本格的に液晶にまで影響がある場合もあります。

まずは「圧迫」iPhoneのガラスが割れた上でズレてしまう事によって液晶部分を押してしまう現象です。

白い画面にすると分かりやすいのですが、圧迫が起きてしまうと、そこはオレンジ色のように一部分だけ色が変色してしまう事があります。

圧迫よりも液晶割れに近いものとなると、割れた線に沿って表示が波打つ現象です。

やらない方がいいのですが、この状態で軽く割れたガラスを押してみると割れの周辺が波打つように表示が歪むことがあります。

そうなってしまう割れが出来てしまっているのであれば、普通に使用しているだけでもタッチをする事で押されていき画面を徐々に破壊していくことがあります。

最終的には画面は何も映らない暗いままの状態となってしまったり、タッチが利かなくなってしまうこともあるでしょう。

まだ使えているからとこのまま使用して行くことは出来るかもしれませんが、本当に必要な時になって使えなくなってしまっているのであれば携帯電話としての役目を果たすことは出来ないでしょう。

画面修理をしてしまえばこんなにも綺麗な画面として復活が可能です。

画面をタッチしていても壊れてしまうかもしれないという心配もなく通常使用が可能となっているはずです。

画面修理が終わったのに未だに何も付けていらっしゃらない方も多く見かけます。

壊れたら修理すればいいという感覚なのでしょうか?

それもそれでありだとは思いますが、せっかく画面修理をして綺麗な画面なのであればそれを保っていくためにフィルムやケースを付けて万全の状態で使用していくことが最もベストな使い方ではないでしょうか。

当店では画面修理をいただけましたお客様にはフィルムがお安くなり、貼ってお渡しも可能となります。

フィルムだけの販売もございますので、よろしければ修理の際に併せてご検討下さいませ。