iPhone修理 専門店 スマップル赤坂店店

iPhoneのガラス割れと、ガラス欠けからの影響

iPhoneのガラス割れ、割れてはいるけれども表示に影響が出たり、操作に問題が出ていないからと、割れたままでも使用している方って結構いらっしゃるのではないでしょうか。

電車に乗っていた時に近くの人はどんなスマホを使っているのか気になってしまう私ですが、そんな中でも割れたままでいる人もチラホラ見かけることがあります。

画面が割れているのであればすぐにでも修理をオススメしますが、使えてるから大丈夫とおっしゃられる方もいらっしゃいます。

確かにと納得できる部分はありますが、あくまでそれは「今は使えている」という現在での状態に過ぎません。

後々の事を考えるのであれば修理は早めにして置いた方が得があるのです。

まず初めに「いつ使えなくなってしまってもおかしくない現状」ということです。

一度画面が割れているという事は、その耐久値というのは大幅にダウンしている状態です。

もう二度と落とさなければいいと思われるかもしれませんが、そうでなくとも軽い衝撃や、押されたことによる圧迫で画面が映らなくなるという事は十分にありえます。

ガラスが割れているという事は押されたことでガラスがズレて表示を壊す事も考えられます。

操作をしていれば画面をタッチします、ポケットに入れていれば歩いた時の振動で、バックにいれておいても他の荷物と当たることだってあるでしょう。

それだけでも割れたガラスのせいでiPhoneが映らなくなることだってあります。

修理をしておけばその心配はなくなることでしょう。

そしてガラスが割れた次の段階は「ガラスが取れる」といった現象です。

割れたガラスは少し触れただけでも小さな破片となって取れていくでしょうし、ガラスはベゼルに接着剤で取り付けられているだけです。

そもそも衝撃で割れているので、衝撃のせいでガラスが取れることもあります。

ガラスが取れてしまうという事は、内部貫通という事になるでしょう。

iPhoneではたくさんのパーツが中にギッシリと詰まっていますが隙間がない訳でもありません。

そこに侵入するホコリ・水・ゴミ・タバコの葉のカスなどのせいで重大な故障になることもあります。

iPhone6sのガラス欠け

またガラスが無くなってしまったことで、剥き出しになったパーツの故障に繋がることだってあります。

がらすのすぐそばというパーツだと「フロントカメラ」のパーツになるでしょう。

フロントカメラがむき出しになってしまえば、インカメラが汚れや傷で曇ってしまったり、通話時に画面が消える近接センサーが正常に働かないことは結構あります。

そして水没の危険性が今まで以上にあるということです。

特に雨の日に使うなんてのはiPhoneを壊そうとしている所業に他なりません。

と、いうことで、iPhoneの画面のガラスが割れてしまっているのであれば、お早めに修理をして直してから使用していくようにしましょう。