iPhone修理 専門店 スマップル渋谷本店

iPhoneの画面浮きはバッテリーのせいである〇か✖か?

バッテリー交換を行う場合には、主にバッテリーの劣化により問題が起きている場合が多いと思います。

電池の減りが早くなり、少ししかiPhoneを使っていないはずなのに何十%も減ってしまう、勝手に電源が落ちて再起動をしてしまう場合もバッテリーの劣化から起こることもあります。

けれども、そうでなくともバッテリーの交換が必要な場合というのがあります。

それがバッテリーの膨張によるものです。

バッテリー膨張の場合はバッテリーの劣化に関係ない場合もあります。

人によっては劣化が進んでいたことと、バッテリー膨張のタイミングが重なる場合もありますが、まだまだ交換時期まで劣化が達していない場合でも、バッテリー膨張が起きてしまえば交換せざるを得ません。

iPhoneXの画面が浮いてる?

バッテリー膨張がどの段階で気づく事が出来るのかは人それぞれではありますが、ケースに入れて入れていると少しの画面浮きでは気づけないこともあるようです。

それでもケースを付けないでいると、ガラス割れの危険性のが高いので、ケースは付けておくようにしましょう。

さて、バッテリーの膨張ですが、知らないでいると結構危険なものになります。

まず絶対に止めて欲しいことは、「力で無理矢理閉めようとすること」です。

単純に画面が外れているのではなく、バッテリーが膨れているので起きている症状です。

無理にでも閉めようとするとバッテリーが裂け、発火・爆発の可能性が出てきてしまいます、絶対に止めましょう。

また隙間が空いているので、ホコリや水分の侵入にも気をつけなければなりません。

水が入れば水没の危険性があり、ホコリも内部の故障に繋がったり、カメラの映りにも影響していくことがあります。

視認出来る画面浮きであれば、フレームの高さもある事から数ミリ以上浮いている事になるので、出来るだけ早くバッテリー交換をする様にしましょう。

iPhoneX画面を開けてみるとバッテリーはパンパンに膨張

iPhoneXのバッテリーは2基連結していますが両方ともパンパンに膨れてしまっていて、画面を押し上げてしまったのでしょう。

それだけの力があったのですが、画面に異常が出ていなかったのは不幸中の幸いですね。

膨張がひどくなると、表示に問題が出たり、ガラスが割れてしまうこともあるので要注意です。

バッテリー膨張は全体が膨らんでいる事もあれば、一部だけが膨張していることもあります。

早期修理が鍵になる修理でもありますので、iPhoneのバッテリー膨張がありましたら、【スマップル渋谷本店】へとお気軽にお問い合わせ下さいませ。

ページのトップへ