iPhone修理 専門店 スマップル渋谷本店

iPhoneの画面が映らない時にはこれをチェック!

落として画面が壊れた時もそうですし、特段思い当たらないけれど画面が映らなくなってしまった時ってありますよね。

水没の心当たりがある人は行わない方がいい場合もありますので、水没の場合は電源を切ってお持ち込み下さい。

この現象は画面が割れていないし、純正の画面である人のiPhoneでも起きてしまいます。

出来ることのチェックから始めていきましょう。

 

電源が入っているかのチェック

まずは画面が映らなくなっているのか、それとも電源が入っていないのかの切り分けをしましょう。

 

①マナースイッチの切り替え

iPhoneの左側面にはボリュームボタンとマナーモードに切り替えるスイッチが付いています。

この位置関係はどのきしゅでも同じになります。

通常マナースイッチを行うことでバイブが振動します。

バイブが反応するのであれば電源は入っているが画面が映らない状態、バイブが反応しなければ電源が切れていると考えてよいでしょう。

ですが、バイブレーションをオフにしている場合や、バイブが壊れている場合、ケーブルが壊れている場合には分からないので注意しましょう。

 

②充電器を差して充電をしてみる

※水没の場合には絶対にしない様にしましょう。

充電器を差すとバイブレーションが反応したり、充電をした場合には音が鳴るはずです。

ここでも電源が入っていないと、初めはリンゴマークから起動して、ロック画面で初めて音が鳴り充電が開始されます。

 

③電話をしてみる

電話をかけてみるのもよいでしょう。

データ専用SIMでなければ電話は出来ると思います、自分の電話番号を覚えていなくてはいけませんが、誰かに電話をしてもらいましょう。

着信音が鳴れば、電源が入っている証拠ですね。

これで直るか!?再起動!!

一時的なバグであれば、再起動をする事でまた画面が映るようになることもあり、画面は映っているけれどもタッチが利かない場合でも改善することがあるので、是非試してみましょう。

ではその方法です。

iPhone6sまでの機種だと、電源ボタンとホームボタンを長押し。

iPhone7シリーズだと、電源ボタンとボリューム下ボタンを長押し。

iPhone8以降の機種だと、ボリューム上ボタン・ボリューム下ボタン・電源ボタン長押しと、順番に押していきましょう。

 

これで直らなけば画面などの故障である可能性が高くなるので、当店まで修理・調査の為にご来店お待ちしております。

ページのトップへ