iPhone修理 専門店 スマップル渋谷本店

2年が目安?バッテリーの劣化と、バッテリー交換のタイミング!

バッテリーの劣化は困ったもので、どういった事になるかはなんとなく想像がつくと思います。

メインとしては充電をせずに使用出来る時間が短くなってしまうという現象になり、電池の減りが早いというのもバッテリーの劣化が原因でしょう。

「どれくらいでバッテリーの交換時期?」と聞かれることがありますが、使用頻度や内臓アプリにもよって異なってくるので、全員が同じ時期であるとは限りません。あくまで目安ですが2年前後ではないかと思われます。

私がiPhone7を使用していた時には2年が経つ頃から減りが早いなと思い始め、3年が経つ頃には電源が落ちたりし始め限界ではありました。

現在iOSがサポートされている機種であれば「設定」からバッテリーの状態の確認が可能でしょう。

そこも確認して頂くと、交換時期である目安にもなります。

バッテリーの劣化したiPhoneSE

まずは「最大容量」からです。

100%から80%以下まで劣化してきてしまっていると、かなり電池の減りは早いのではないでしょうか。

個人的には90%ぐらいから減りが早くなってきたなと思い始め、80%になる頃には相当電池の減りは早くなっていて1日持たないくらいになっていました。

今回のお客様も少し動画を見ているだけで、ゴリゴリ電池が減って行くとの事でした。

劣化によりバッテリーが壊れてくると、電源が落ちることもあります。

再起動が頻繁に起き始めていたら「ピークパフォーマンス性能」を見てみましょう。

ピークパフォーマンスに対応しています。というのであれば大丈夫ですが、多くはシャットダウンしましたという表記が出ているのではないでしょうか。

「バッテリーに関する重要なメッセージ」も危険です。

バッテリーに関する重要なメッセージは、いくつかあるので全てが危険な状態ではありません。

『著しく劣化』という表記が出ている物はバッテリーが壊れていますね。

バッテリー交換が完了したiPhoneSE

どれだけエラーが出ていてもバッテリー交換をしてしまえば、最大容量は100%へと回復するでしょうし、エラー関係も全て通常へと戻るでしょう。

iPhoneが急に再起動する様になる・最大容量が80%以下・著しく劣化しているバッテリー表示が出ている時は【スマップル渋谷本店】でバッテリー交換を行い、これからも快適に使っていきましょう。

 

渋谷駅からも近いiPhone修理は「スマップル渋谷本店」へ

ページのトップへ