iPhone修理 専門店 スマップル赤坂店店

iPhoneの画面、表示に関する故障例

iPhoneのガラスの割れで修理に来られる方はまだいい方でしょう。

中には画面の表示がおかしくなってしまって画面修理をしなくては見えづらい状態となってしまってご来店される方も多くいらっしゃいます。

もし落としてしまってガラス割れで済んでいる方はそのタイミングで修理をするようにしましょう。

でないと次に落とした時にはガラスの割れだけでは済まず、表示装置が壊れ、まともな操作は困難となってしまうことも多くあります。

今回のお客様は表示の故障がオンパレードな程に盛り沢山の故障を抱えたiPhoneの画面修理となります。

iPhoneの表示不良盛りだくさん

 

光線

まず初めは「光線」です。

ホームボタンがある機種ではあまり見かけない故障ではありましたが、iPhoneX以降の機種となると格段に増えた故障になります。

今回では右端に現れている白い線の症状ですね。

この光る線は画面割れと同じように皆様同じ訳ではありません。

光る線が上から下までというのは同じなのですが、光線の太さや現れる位置はその時の故障によって様々な物となります。

 

液晶漏れ

右下にある黒く映っていないのが液晶漏れの部分になります。

多くはガラス割れの中でもかなり深くまでガラス割れの激しい箇所などに起きやすいものとなり、割れに沿っていたり、角などに起きやすい症状となります。

 

緑画面

右上の光線と被っていますが、電波や電池残量が表示される所は変色し、緑色になってしまっています。

これはまだ症状としては軽い方です。

更にヒドイ状態の物となると、全画面が緑色に染まってしまう事もあり、人によっては緑画面だけど辛うじて見える人もいれば、何も見えない程に緑色に光ってしまっている故障もありました

 

横線

中央には一本黒い線が入っており、全体的に白と黒の明暗が何本も出来てしまっています。

縞模様の横線はあまり多く故障があるわけではないのですが、今までにもそれなりの件数は修理で直っています。

 

その他

今回では症状として出ていなかった故障でも、画面の表示に関する故障はあります。

一つ一つがドットの様に見え画質の粗い状態。

上や下の映像が重なって、ダブって見える状態など。

画面の故障でしたら多くの場合は画面交換にて改善が出来る内容となります。

お困りの際には『スマップル赤坂店』へ、お気軽にお越し下さいませ。