iPhone修理 専門店 スマップル渋谷本店

iPhoneのホームボタン故障で起きる症状

ホームボタンが壊れてしまうという事は、稀ではありますがないわけではありません。

iPhone6sまでの機種だと物理的に押すことで凹み反応します。

iPhone7以降になると感圧式の為に凹むわけではありませんが反応するようになります。

そんなホームボタン、自分が一日に何回くらい押しているか数えたことはありますか?

数えるのが嫌になるくらいには皆さん押していますよね。

 

ホームボタンの故障

ホームボタンが壊れてしまう事はもちろんあります。

落とした時にピンポイントでホームボタンに当たってしまえば、割れてしまうでしょう。

また画面から出るケーブルを使っている機種はあるので、画面が壊れたことで利かなくなる。

衝撃や経年劣化によってホームボタンのケーブルが断線してしまうといったことが一番多いのかもしれません。

 

ホームボタンが故障するとどうなる?

ホームボタンが壊れてしまった場合にどうなるのかですが、単純に利かなくなるというのはもちろんあます。

ですがそれだけではありません。

 

・指紋認証、ホームに戻るの内どちらかしか使えなくなるといった現象。

ホーム画面には戻れるけれどもTouchIDが使用できない。TouchIDでロック解除は出来るけれどもそれ以外が反応しないといった事が起きたりもします。

 

・軽く触れただけで反応する

iPhone7以降の機種では凹まないけれども、押すと反応しまうよね。

けれども力を入れなければ反応しないはずのホームボタンが、指を乗せただけで反応するようになってしまうこともあります。

 

・連続で反応し連打状態

軽く触れただけで反応してしまう現象と同時に起こることが多いのですが、ただ触れているだけで「トゥクトゥク・・・」と何度も連打される状態になってしまう事もあります。

 

修理は何処を?

物理的な破損である破損や断線はホームボタンの交換となりますが、画面がケーブルの役割をしている機種に関しては、画面修理をすることでホームボタンの故障が直ってしまう事もあります。

内部を開けて調査をしてみないと、外からでは判断が出来ませんので、ホームボタンの故障でお困りの際には「スマップル渋谷本店」へお越し下さいませ。

 

ページのトップへ