iPhone修理 専門店 スマップル静岡店

iPhoneのバッテリー交換もすぐにご対応可能です!

iPhone修理のスマップル静岡店です!

今日の深夜3時くらいの地震はびっくりしましたね…

結構揺れた感じだったので飛び起きました(;O;)

改めて防災準備をしっかりしていかないとと痛感しました(>_<)

 

それでは修理をご紹介します!

本日もiPhoneのバッテリー交換を沢山ご依頼頂きました!

本日のお客様は3年前にも当店でバッテリー交換をしてくださったそうですが、

最近減りが早くバッテリーが劣化してきているかも?とご来店して下さいました!

機種は2016年9月に発売されたiPhone7になります。

発売当時からiPhone7を使っているとのことでそろそろ5年近くなることもあり

このままバッテリー交換で使っていけるかどうか気になっているご様子でした。

できる限り使い慣れたiPhone7を使いたいということでしたので、

状態を確認していきます!

 

iPhone7が発売されたのは4年前くらいにはなりますが、

今でも画面修理やバッテリー交換で修理依頼の多い機種になります(^O^)

使い方にもよりますが大体1年半~2年ほどでバッテリーの交換時期になりますので、

お客様のiPhone7も前回の交換時期から考えると交換をおすすめする時期になります!

ただ基盤の経年劣化なども考えられるので、

購入した時と同じになるというわけではないですが

ほとんどのiPhoneが本体の基盤やシステムが故障しないかぎり

パーツ修理で使っていくことはできますので、

お困りの不具合などがあればお気軽にご相談下さい♪

今回はお客様とご相談させていただきバッテリー交換をしていきます!

それでは交換前にバッテリーの状態を確認させていただきます↓

バッテリー交換前のiPhone

こちらの画面は【iPhone設定→バッテリー→バッテリーの状態】で確認ができます!

赤い枠の中にバッテリーの劣化状態が分かる項目がありますが、

特に最大容量という部分に注目して頂きたいです!

本日のお客様のバッテリー最大容量は「67%」になっています。

こちらは新品時の最大容量100%と比較した電池容量の基準で、

低下していくと1回の充電で使用できる時間が短くなってしまいます(>_<)

例えばお客様のバッテリーの場合、100%まで充電したとしても

実際は67%くらいまでしか充電が溜まっていないような状態になります。

こちらの最大容量に関しては80%近くなってきたら交換をおすすめさせて頂いています!

 

そして赤枠の一番上には「バッテリーに関する重要なメッセージ」が表示されています。

最大容量が100%近くある方でもバッテリーが劣化していると、

このように劣化を警告する文章が出ている方もいるかもしれません。

また、赤枠の一番下の「ピークパフォーマンス性能」もチェックしてみてください!

本日のお客様のように「電力供給で問題が起きてシャットダウンが起きた」、

「バッテリーが著しく劣化していてピークパフォーマンスに影響が出る」

といった文章が表示されているかもです(;O;)

iPhoneの設定から簡単に確認することができますのでぜひチェックしてみてください♪

 

それではバッテリー交換後のiPhone7がこちらになります!

バッテリー交換後のiPhone

最大容量が「100%」に変わりました!

バッテリーに関する重要なメッセージも消えて、

ピークパフォーマンス性能の部分も標準のパフォーマンスと表示されています♪

今回の修理時間は動作確認も含めて20分ほどになります!

お渡し時も充電の減る速度が大きく変わったとびっくりして頂けました(*^^*)

 

「純正品以外の充電器の使用」「充電しながらの操作」

「過充電・過放電」はバッテリーの劣化を早めてしまいやすいので

電池の劣化を早めたくない方はぜひ気を付けてみて下さい(/ω\)

それではご閲覧頂きありがとうございました!