iPhone修理 専門店 スマップル静岡店

iPhoneのバッテリーはどうして膨張してしまうの?答えはリチウムイオンにあります!

ブログにお越しいただきありがとうございます。

今回は有機ELディスプレイがバッテリーの膨張で破損してしまったらどうなってしまうのかをご紹介したいと思います。

本日はiPhoneXの画面と膨張したバッテリーを修理させていただきました。

 

症状はいつのまにかパネルが浮いてきて緑色の線が画面に表示されてしまうものです。

強い衝撃が加わった形跡がないため、バッテリーの膨張が原因かと思われます。

バッテリーの膨張はどうして起きる?

バッテリーの膨張はなんで起きてしまうのかというと

リチウムイオン電池では、正極材と負極材、電解質にゲル状ポリマーなどが使用されています。

経年劣化により、電池内で化学反応が起こりガスを発生させると、バッテリーの膨張が起こるのです。

iPhoneだけではなくタブレットやノートPCにもリチウムイオン電池は使用されています。

 

バッテリーの劣化を早めてしまう使い方

iPhoneのバッテリーは熱に弱いので暑い日に外でiPhoneを使用すると寿命を縮めてしまうことがあります。

設定では位置情報アプリを常に使用される方はバッテリーの消耗も早いです。

バッテリーの消耗が激しいなと感じたときは交換したほうがいいかもしれませんね。

 

バッテリー交換と画面修理

今回の端末です。

緑色の線が縦に一本入っているのですが、タッチに支障はありません。

横からみるとこんな感じです。

iPhoneX 縦線

バッテリーが膨張して画面が左側のみ浮き上がっています。

もう少しするとひび割れも起こしていたかもしれないですね。

iPhoneXのバッテリーはL字に取り付けられています↓

iPhoneX バッテリー外し

バッテリーを取り外したら画面を新しいものに交換して今回の修理は終了です。

交換後の画像がこちらになります。

iPhoneX 画面修理後

 

iPhoneX 横から撮影した写真

きれいに取り付けることができました。

バッテリーを交換してしっかりと画面がはまるようになりましたね。

充電性能も新品となっています。

 

iPhoneのバッテリー容量をみるとバッテリーの交換時期がわかります。

別のブログも参考にしてみてください!

下のリンクからいけます。

バッテリー容量の確認方法をご紹介します

バッテリー容量の確認方法をご紹介します

 

それでは本日はここまでにしたいと思います。

ご閲覧頂きありがとうございます。

 

急に画面が点かない!タッチ操作が出来ない!液漏れが!となってしまったら、

スマップル静岡店にお任せ下さい。

当日受付、当日修理、当日返却が可能です。

お困りの際はお気軽にご相談下さいヾ(。>﹏<。)ノ゙

 

お電話でのご相談も受け付けております。

TEL 054-272-2277

 

オンラインでの予約はこちら

 

LINEでの無料相談もやっております!

ご気軽にご連絡下さい(๑•̀ㅂ•́)و✧

友だち追加