iPhone修理 専門店 スマップル渋谷本店

iPhoneのバッテリーが「膨張」するとどうなる?

iPhoneのバッテリーは繰り返し充電しながら使え、電池の持ちも良く長く使えます!

しかし、そんなiPhoneのバッテリーも長年使っていると様々な不具合の原因に繋がってしまう事が!?

 

iPhoneの「バッテリー膨張」

iPhoneのバッテリー膨張と言う症状を耳にした事がある方も居ると思いますが、実際に経験しないと何が危険でどんな事が起きるのか、いまいちイメージが出来ないと思います。

バッテリーが膨張して画面が盛り上がっているiPhone画像

これがバッテリー膨張が起きたiPhoneを横から見たところです。

画面が湾曲し、画面と本体の間に隙間が出来てしまっているのが分かります。

 

これは、iPhone内部に備え付けられたバッテリーが何かしらの原因で膨張してしまい、iPhoneの内側から画面を持ち上げてしまっているのです!

 

iPhone バッテリー膨張の原因

なぜiPhoneのバッテリーが膨張してしまう事があるのでしょうか?

原因と考えられる事はいくつかあり1つ目に「劣化」が考えられます。

繰り返し使えるiPhoneのバッテリーにはリチウムイオンバッテリーと呼ばれる電池が使われています。

他の電池と同じように充電・放電を繰り返す中でバッテリー内の電解液の劣化が進み、バッテリー内で「ガス」が発生しバッテリー膨張の症状が見られる事が考えられます。

 

2つ目に衝撃などによるバッテリーの故障により劣化時に発生するようなガスが生成されバッテリーにガスが溜まり膨張が見られる事があります。

根本的なiPhoneのバッテリー膨張の原因は「ガス」の発生と言う事が分かりますが、ガスが発生する原因自体は様々な事が考えられるようです。

 

iPhone バッテリー膨張の危険

iPhoneのバッテリー膨張の原因と言えることがいくつか考えられると言う事がわかりました。

それでは、バッテリー膨張したiPhoneにはどのような危険性があるのでしょうか?

 

先ほどみた画像のiPhoneの様にバッテリー膨張が起きる事で内部からiPhoneの画面を押し上げる形で画面に負荷がかかり画面割れなどの画面破損に繋がる可能性が高くなります。

画面が壊れたiPhoneの中には、正常な表示を映し出せなくなる物や、タッチが効かず操作が出来ない状態に陥ってしまうケースも少なくはありません!

もちろん、iPhoneの画面破損以外にも影響を与えるリスクがあり、使用できないiPhoneになってしまうケースも少なくはありません。

 

また、iPhoneに取り付けられているバッテリーも安全を考慮した上で造られていますが、バッテリーの取り扱いには注意しなくてはいけない事も多く、取り扱いを間違えてしまうと大きな事故などにも繋がりかねません、最悪の場合iPhoneのバッテリー膨張が原因で怪我などをしてしまう危険性も無いとは言えません。

ただiPhoneのバッテリーが膨張しているだけ。と、放置しているの後悔する事があるかもしれません。

 

iPhoneのバッテリー膨張もお任せください!

バッテリーが膨張してしまっているiPhoneは危険です!素早い対処が求められます。

iPhoneのバッテリー膨張の症状も、スマップル渋谷本店でご対応可能です。

バッテリー交換修理後画面の盛り上がりが改善されたiPhone画像

当店のバッテリー交換修理を行い新品のバッテリーをiPhoneにお取り付けさせて頂き改善に導いて行きます。

iPhoneのバッテリーが劣化してしまい電池の減りなどの症状がある場合にも当店でバッテリー交換を行い改善が出来るiPhoneはたくさんあります!

まずはお気軽にスマップル渋谷本店までご相談ください!

 

スマップル渋谷本店

当店では、お使いのiPhoneのバッテリー交換修理はもちろん、画面割れや水没などのお困りのiPhoneの症状に幅広くご対応させて頂きます。

スマップル渋谷本店は、渋谷駅からも近く、徒歩1分以内とアクセスも簡単!

修理時間も最短15分~ご案内させて頂きます!

 

WEBからのご予約はコチラ!

予約する