iPhone修理 専門店 スマップル静岡店

iPhoneのバッテリー最大容量は設定から確認できます♪

iPhone修理のスマップル静岡店です!

朝9時から夜8時まで定休日なく営業しております!

iPhoneのお困りごとなどお気軽にご相談下さい♪

学割やSNS割引のご利用でさらにお得に修理が出来ます(*^^*)

 

それでは本日の修理をご紹介します!

本日はiPhoneのバッテリーについて詳しくご紹介させて頂きます!

iPhoneなどのスマートフォンを使っている方で、

バッテリーの持ちや充電の減り方などが気になっている方は多いと思います。

iPhoneのバッテリーはリチウムイオン電池というもので、

充電すれば繰り返し使うことができ軽量でなおかつ小型なので、

スマートフォンだけでなくAirPodsなどの多くの電化製にも使われています。

充電すれば繰り返し使えますが、段々と充電をためることができる容量が

減っていってしまうのでバッテリーの状態によっては交換が必要になってきますが

iPhoneはこの充電の最大容量を設定で簡単に確認することができます!

 

本日のお客様も朝100%まで充電して仕事中は使っていない状態でも、

ほぼ毎日お昼の休憩時には30%近くまで低下してしまっているそうで、

操作しているときも充電器を挿しながらでないとカウントダウンするかのように

充電残量が減っていってしまうと大変お困りのご様子でした(;O;)

実際にバッテリーの状態を設定で確認させていただくと…

バッテリー交換前

最大容量が「72%」まで劣化しています(>_<)

これは新品時の100%と比較した容量でこの数字が低下していくと

1回の充電で使用できる時間が短くなってしまいます。

「充電の減りが早くなった」、「前は1日充電が持ったのに…」という方は

最大容量が低下してしまっているかもしれません。

また、この最大容量が低下しすぎたまま使っているとお客様によっては

充電がたまらない電源が入らない電源が落ちるといった不具合が

出てきてしまうこともあります(;_;)

【iPhone設定→バッテリー→バッテリーの状態】で最大容量が確認できますので、

80%近くになってしまっている方はバッテリー交換をご検討下さい♪

 

最大容量が低下していないのに電池減りが早い方もいますが、

使い方によっては1年ちょっとで劣化してしまっていることもあります。

iPhoneのバッテリーの寿命は一般的に2年~3年と言われていますが、

2年以上バッテリー交換をしていない方はバッテリーが劣化しているかもしれません。

本日のお客様のように一番上に「バッテリーに関する重要なメッセージ」

表示されている場合もあるのでぜひ確認してみて下さい!

20分ほどお時間をいただき電池交換させて頂いた後の最大容量がこちらです↓

バッテリー交換後

最大容量が「100%」に変わりました!

お渡し時にお客様にも確認して頂きましたが電池がすぐに減らないので

びっくりして頂けました(*^^*)

 

バッテリーの劣化を早めてしまう使い方や原因としては、

「純正品以外の充電器の使用」「充電しながらの操作」

「過充電・過放電」などがあります。

過充電過放電に関しては充電が100%になったら充電器を抜くようにしたり、

逆に充電が0%のまま放置しないようにするのが理想です。

また、この寒い時期や夏場の暑い時期は電池の温度が急激に冷たくなったり

熱くなったりすることでバッテリーの減りが早くなったりと劣化もしやすくなります。

電池の劣化を早めたくない方はぜひ気を付けてみて下さい(>_<)

それではご閲覧頂きありがとうございました!