iPhone修理 専門店 スマップル赤坂店

水没した後、iPhoneを使っているとどうなる?

iPhoneの水没。それは運による物も大きく、例え水没していたとしても、その後問題なく使える端末もあれば、電源が点かなくなってしまうものまで様々です。

当日にはダメになってしまうものから、その後何事もなかったかのように数年間の機種変更まで大丈夫なものまで。

大抵の方は水没したらすぐ使えなくなると思い、今使えているのならば大丈夫と使い続けたことで問題が起きることもあります。

水に落として水没したと思った時には、すぐに使用は止めて、早急に当店までお持ち込み下さい。

中を開けてみて水がなければ御の字ですし、もしあれば早急に対処が必要です。

それでは水没時に起こる問題を見ていきましょう。

 

ショート

よくTVとかでも見ませんか?コンセントが積もったホコリによってショートしてしまう現象を。

本来ならば流れるべきルートを介さずに電気が流れてしまった事で発火などが起きてしまいます。

水濡れでも同じことが起きますよね、iPhoneの中へ入った水分が本来のルートを通らずに水によって別ルートを通ってしまうことで置きます。

分かりやすく言うと本来一方通行の通り道を、車(=電気)とした場合に、水によって邪魔されて車が反対からもやってきて渋滞(=ショート)が起きると思えばいいのではないでしょうか。

基板の抵抗が焼けて飛んでしまったり、コネクタの接点が焦げるなんてこともありますね。

 

腐食

漢字からなんとなく想像がつくかもしれませんが、腐るということですね。

金属なので腐らないだろとは思う方もいらっしゃるかもしれませんが、錆(サビ)も腐食に当たるようです。

腐るというよりも、金属の場合は溶けたり腐食生成物の発生を意味する事のようですが、難しくて私には理解できませんでしたので、詳しく知りたい方はご検索下さい。

恐らくコネクタ周辺に付いている緑色の物体が腐食生成物なのではないでしょうか。

水没したと修理に持って来られた方のiPhoneにのみ、見られる現象ですから。

 

各種パーツの破損

画面などには更にチップなどが搭載されている物や、基板とを繋ぐ接点がありますがそちらが破損してしまうとそのパーツも使えなくなってしまいます。

見た目だけでは分からないものもあるために、起動後に一つづつチェックが必要ですね。

 

 

という事で、水没もその時だけでなく、時間が経ってから問題が起きることもあります。

早く行っておけばこういった故障も起こらない確率は上がるでしょう。

水没の時には『スマップル赤坂店』へお越し下さいませ。