iPhone修理 専門店 スマップル赤坂店

iPhoneの水没注意!耐水性能があっても水没します。

iPhone7から採用された耐水性能ですが、iPhone7以降の機種で水没をしてしまったということで修理のお問い合わせは多いです。

iPhone7以降の新しいシリーズでは耐水性能が上がっているものの状況によっては水没してしまいます!

 

何故耐水性能があるのに水没してしまうのか?

水没してしまった際の原因の多くはお風呂での使用です。

AppleのCMでものすごい勢いで水をiPhoneにかけて耐水性能をアピールしていますが、お風呂での使用はテストしていません。

お風呂での使用はたとえお湯に直に落としていなくても、浴室の湯気や湿気がiPhoneの中に入り込んでしまいます。

水没してしまった際の主な症状は・・・

・電源が入らない、起動時のリンゴのマークが点滅し起動しないリンゴループに陥る。

・画面の表示がおかしくなる

・カメラがぼやけ、カメラの窓に水滴のようなものが付着する

・再起動を繰り返す

・充電ができない

上記以外にも様々な不具合に繋がります。

お風呂での使用後は特に問題がなくても、内部に残った水分がコネクタ部分で腐食し錆びてしまったりで朝起きたらiPhoneの電源が入らなくなっていたという状態にもなります。

実際にiPhoneを分解し内部を確認してみないと確実なことはわかりませんが、お風呂でよくiPhoneを使用していて、アップデートなどしていないのに急に電源が入らないやリンゴループしたという状態は水没の不具合が濃厚になってきます。

もう一つの理由が経年による耐水性能の劣化

Appleで発表もしていますが耐水性能は経年により劣化してしまうとあります。

購入当初は水に落としても耐えれたのが、経年により耐水性のが低下し水が入り込んでしまいます。

水没したiPhone7

写真は実際に水没してしまったiPhone7です。

他にも画面が割れてガラスが欠けていたり、背面のカメラのカバーガラスが割れているとその部分から水気が入り込みやすくなります。

ガラスが欠けていたりという状態はそのままにせず、お早目の修理をおすすめします。

iPhoneは精密機器です。

精密機器の弱点は水気、湿気です。

iPhoneの本体を購入するのも安い買い物ではありません。

耐水性を過信しないことが一番です。お風呂でのご使用はやめておいた方が賢明です。

 

iPhoneの水没の不具合のご相談は・・・

iPhoneの水没の不具合のご相談もスマップル赤坂店にお任せください!

水没から電源が入らなくなったという状態も復旧できる可能性はございます。

当店の独自の水没復旧作業は復旧率も自信があります。

状況によって異なりますが、水没から充電ができないなどもパーツの交換によって改善できることもございます。

まずはお気軽にご相談くださいませ。

以上スマップル赤坂店でした。