iPhone修理 専門店 スマップル赤坂店

iPhoneを故障させない為に、やれることはやっておこう。

iPhoneの故障の中には避けられたであろう出来事とそうでない故障があります。

避けられなかったであろう故障であれば、残念ながら運が悪かったとしか思えないのですが、そうでない故障ならば、未然に防ぐためにしっかりと予防策をしておきましょう。

 

ガラス割れ

ガラス割れはある程度防ぐことが出来る内容ではありますが、落とした高さや床の素材でも異なります。

主にガラス割れを防ぐことができる物は「ケース」「フィルム」の2つです。

どちらか一つでは不十分でもありますので両方を取り付けて置くようにしましょう。

 

フィルム

フィルムを取り付けるメリットとしては、正面からの衝撃から守る事・擦れ傷からガラスを守る事にあります。

ガラスの側面は曲面となっているため、またケースとも干渉しないように若干短めであり、端まで守れているように見えてじつは守れていません。

曲面を守るのはケースの役割になるので、間違えないようにしましょう。

擦れ傷に関しては、使っていれば絶対に付いてしまう物です。

ガラスの擦れ傷を直すには画面修理が必要ですが、フィルムに付くだけであればフィルムの張り替えだけですむので、料金も安く済みますね。

 

ケース

iPhoneには様々なデザインのケースが存在しています。

人によってはデザイン重視の人もいるでしょうが、今回は割らないようにするためのケース選びをしていきましょう。

まずは上下左右全面が守られているケースを選びましょう。

スイッチやボタン部分が穴のようになっているならばいいのですが、凹型のようにその部分だけ守られていないのケースはそこから当たり割れるので止めておきましょう。

お次は、ケースを付けた時にガラス面よりケースのが高くある物を選びましょう。

結構良くあるのがフレームの高さまでのケースです。

これではガラス淵の曲面を守ることは出来ずに剥き出しになってしまっています。

そこから割れますから注意しましょう。

この2つを守ることでガラス割れのしにくいiPhoneへと早変わりです。

最近の機種では背面もガラスになっているので、もはやケースの装着は必須事項となりましたね。

 

水没

水没に関してはとても簡単です。

防水ケースに入れる?

違います!水場に持って行かない事が最大の危機回避になります。

どこにでも持ち歩けるというのが携帯電話のいい所ではありますが、よけいな場所までは持ち込まない・安全な場所に置くことを心掛けましょう。