iPhone修理 専門店 スマップル静岡店

スマップル株式会社ロゴ画像
スマップル株式会社ロゴ画像

iPhoneXSの画面が黒くなってもスマップル静岡店でお直しできます!

今日は多少暑いですが、過ごしやすい気候ですね。

マンションの大家さんがネコを飼っているのですが、朝から気持ちよさそうに寝ていました。

ネコはいいなと思いつつ今日も修理を頑張らせて頂きます(笑)

 

本日は画面が黒くなってしまったiPhoneXSをお直しさせて頂きました。

画面が黒くなってしまった時に気を付けることを知りたいという質問がありましたので下の方にまとめさせていただきました。

ゴーストタッチと呼ばれる症状との関連性についてもお話しさせて頂きます。

画面が黒くなってしまった時に気を付けること

液晶が破損してしまった黒い画面のiPhoneは次第に全体が黒くなっていくことがあり、放置するとデータが消えてしまうことがあります。

その理由としては、ゴーストタッチと呼ばれる勝手にタッチ操作される症状が起こることがあるからです。

ゴーストタッチになるとパスコードロックが勝手に解除されてしまうことがあり、その際間違ったものが入力されてしまうとロックがかかってしまいます。

自分の意図しないところでロックがかかり続けると5分、10分、15分と徐々に解除までの時間が伸びていき、最終的にはデータの初期化を行わなければなりません。

対処法としては電源を切る、なるべく画面に触れないようにする、バッテリーのコネクタを抜く(おすすめしません)などがありますが、どれも応急措置になりますので根本から改善することは出来ません。

ではどうすれば画面を直すことが出来るのかというと、新しい液晶パネルに交換することでお直し出来ます。

ゴーストタッチの主な原因

ゴーストタッチの原因は主に液晶にあるタッチセンサーの損傷にあります。

端末を落としてしまったり、水にぬらしてしまったり、どこかにぶつけてしまった時の些細な衝撃でさえ原因となることがありますのでご注意下さい。

液晶パネルは新しいものに交換することによって元の状態に戻ります。

液晶は幾層にも分かれて構成された一枚の板のようなものですので、タッチができない状態や液晶の破損も一回の交換で同時に修理可能です。

他の原因としては基盤が破損してしまった際もタッチ不良や画面に映りが悪くなることがありますが、相当強い衝撃が加わらない限りなることは少ないのでご安心ください。

ただし、修理してみるまでは状態が分からないのでわからないことがあればスマップル静岡店にお持ち込みください。

黒くなった画面とゴーストタッチの関連性

液晶が黒く変化したときはタッチ不良またはゴーストタッチと密接な関連性があります。

それは先ほども説明しましたが液晶パネルは一枚の板で作られているからです。

どこか一部に損傷が加わると電流の流れが不安定になり、画面が真っ暗な状態またはゴーストタッチなどの症状に発展する可能性があります。

画面が真っ暗な状態のときはゴーストタッチが高確率で起こる可能性があり、逆にゴーストタッチの時は画面が急に真っ暗になってしまうことがあります。

どこかに異常をきたすとその他の症状も続いて現れる可能性が高くなることを覚えておいてください。

今回の画面修理

それでは画面の修理をしていきます。

液晶パネルの話をしてきましたが、今回修理するiPhoneXSは有機ELディスプレイと呼ばれる違った構造をしています。

見た目では全く同じように見えても光の出し方や色彩が液晶パネルよりも色鮮やかなことが特徴です。

今回修理する端末がこちら!

iPhoneXS 修理前

絵の具が垂れ下がったように黒くなっていますね。

これも液漏れのようなものです。

画面の取り付けを行えば30分ほどでこの通り!

iPhoneXS 修理後

新品の画面へと変えることができます!

これで画面が真っ暗になることも、ゴーストタッチになることもありません(*^▽^*)

当店で修理した際はデータはそのままでお渡しできますので、データの移し替え、バックアップが面倒という方にも安心して修理にお出し頂けると思います。

 

画面以外の修理も勿論可能ですのでお困りの際は気軽にお申し付けください。

スマップル静岡店は静岡駅から徒歩7分ほどの静岡PARCOの近くにあります!

静岡駅付近のiPhone修理店をお探しならお声がけ下さいませ。

それではご閲覧頂きありがとうございました!