iPhone修理 専門店 スマップル天神店

iPhoneのパーツが壊れてリンゴループ!?スマップル天神店で復旧!

本日ご紹介するのは、iPhoneSEのリンゴループからの復旧です!

早速ご紹介していきます!

iPhoneSEがリンゴループになった時の状況

今回ご依頼頂いたiPhoneSEがリンゴループの状態になった時の状況を

お客様にお伺いすると、

「気が付いたら突然リンゴループになっていた」

との事でした。

 

では、その前兆はなかったのか伺ってみると、

①ストレージ容量が一杯だった

②バッテリーの充電がおかしかった

との事でした。

 

その前兆を参考に原因と対処方法を考えると

可能性はいくつかあります。

①のストレージ容量がいっぱいだった場合

iOSやアプリのアップデートが失敗してリンゴループになった可能性があります。

それならiTunesに繋いで、アップデートまたは初期化する事で改善するかもしれません。

②のバッテリーの充電がおかしかった場合

どこかしらのパーツが破損あるいは故障している可能性があります。

つまりパーツを交換修理してしまえば改善する事は十分考えられます。

 

では実際にご依頼のあったiPhoneSEの状態を見ていきましょう!

 

リンゴループが発生したiPhoneSE

お預かり時の状態がコチラ!

iPhoneSE リンゴループ 

……充電が切れてました。

実際にリンゴループの状態を確認する為に充電をしていたのですが

いくら待っても充電切れのまま、起動しません。

 

そこで電流を確認した所、0.4Aの電流が流れていました。

す、少ない…(;^ω^)

正常なiPhoneの場合、1A前後の電流が流れています。

つまり正常時の半分以下しか電流が流れていない事になりますね。

このままでは、作業が進まないので、早速パーツの調査を行っていきます!

 

リンゴループの原因を調査!

まずは、新しいバッテリーを付けてみて状態を確認します!

iPhoneSE リンゴループ 確認

リンゴマークから先に進むことが出来ません。

そして電流は先程と同じで、0.4A程度。

つまり、新しいバッテリーを取り付けても変わらないという事は

原因はバッテリーではないという事!

 

では次に行きましょう!

流れる電流が少ない事を考えると

パーツで関係してくるとしたら、充電口(ドックコネクター)でしょうか。

早速取りつけます!

iPhoneSE リンゴループ 起動

こ、これはっ!

起動しました!(*^▽^*)

電流も0.9Aと正常値です!

 

つまり、充電口の故障によってリンゴループが発生。

そして電流が正常に流れなかった為、充電がうまく出来ていない状態になり

充電切れになった際に起動できなくなったと考えられます。

 

リンゴループの原因判明!

という事で、今回のリンゴループの原因は、

充電口(ドックコネクター)でした!

では、早速交換作業を行っていきます!

iPhoneSE ドックコネクター 交換完了

交換後、正常に起動して動作もバッチリです!

暫く充電を行い、電流が安定しているか

充電が溜まるか、挙動がおかしくならないか観察して

問題無ければ作業完了です!

 

iPhoneのリンゴループでお困りの方は

どうぞスマップル天神店へご相談下さい!

本日も営業しております!

営業時間は10:00~21:00!

是非お気軽にお問合せくださいませ!

 

ほかにもこんな症状の修理も行っております!

水濡れしてiPhoneの電源が入らなくなってしまった!そんな状態でも修理は可能なのか!?

あれ?iPhoneに充電器さしても充電されない!?そんな時はすぐに修理できるスマップル天神店をお訪ね下さい!

電話しても、相手に声が届かない!?それマイクのトラブルかもしれません!【iPhone8 マイク修理】