iPhone修理 専門店 スマップル博多店

まだまだ現役!? スマップル博多はiPhone4Sも修理出来ますよ!

iPhoneSEの発売や
iPhone12のリーク情報など
最近話題のiPhoneシリーズですが

今回は当店にお持ちいただいた
2011年に発売された
iPhone4Sをご紹介いたします。


コンパクトなデザインと
Touch IDが搭載されていないホームボタン。

当時はホームボタンに
シールを張るのが流行っていました

非常に懐かしいですね~

 

当店でもお取り扱いはしているものの、
修理依頼はほとんどなくなってしまいました。

 

この端末は現役で使用されているそうですが、
急に液晶表示がなくなってしまったそうです。
電話をかけると着信音やバイブがなるので
電源が入っていることは確認できます。

 

内部の状態も気になるところなので
それでは早速修理していきましょう。

 

iPhone4Sの修理をしていると・・・

フロントパネルを開けてみると・・・
フロントパネルにAppleマークが入っていませんでした。

 

Appleマークがないということは
民間の修理店での修理歴があるか
中古ショップなどで
修理したものを購入した可能性があります。

 

お客様に確認したところ
民間の修理店で画面交換を
した経験があったそうです。

 

新しい液晶画面を仮付けしてみると・・・

 

液晶表示が復活しました!

 

通常であればこの後
組み立て→動作確認 となりますが

店長のカンが働き

「元の画面でもつくんじゃね?」 と

まさかとは思い

念のためもとの液晶画面を接続してみると

起動しました・・・笑

 

液晶画面と本体の接続が甘かったようで
表示がなくなっていたみたいですね。

 

原因が分かったので
内部をクリーニングします。

 

iPhone4Sは耐水性がないので
パッキンなどがなく、
最近の機種と比べると
ほこりが入りやすくなっています。

 

最新の注意を払い
エアーダスターや綿棒を使用して
綺麗にしていきます。

 

その後、本体との接点を
接点復活剤で軽くふいて
接続を良くします。

 

今回はパーツ交換をしていないので
メンテナンス費用のみの
作業となりました。

 

スマップル博多店は
故障した端末の交換修理をするのは
はもちろんですが、

今回のようなメンテナンスも行っております。

 

交換をしなくて済むと
お客様のお財布にも優しいですよね!

 

もしお使いのiPhoneが
不具合を起こしても
メンテナンスのみで済む
可能性もありますので
お気軽にお問い合わせください。

 

スマップル博多店へのご相談・ご予約

お電話でのご相談・ご予約はこちら

電話アイコン

LINEからのご予約・ご相談はこちら

LINEアイコン

WEB予約はこちら

WEB予約画像