iPhone修理 専門店 スマップル渋谷本店

通話が出来ないのはマイクのせい?直りますか??

あなたの携帯電話の通話が出来ないのはマイクのせいかもしれません。

 

こんにちは。

iPhone修理専門店のスマップル渋谷本店です。

 

 

スマートフォンで通話しようとして、うまく相手の声が聞き取れなかったり、相手に聞き取ってもらえないことがあります。

 

通話に関して不具合が疑われる個所は以下の通りです。

・電波

・スピーカー

・オーディオのシステム

・音源(声)

 

 

電波が悪い

通信障害などが起こり、電波の影響で通信ができない場合は通信が回復されない限り改善しません。しばらくはwifiを使って代替アプリなどで乗り切りましょう。

 

キャリア(携帯会社)が運用する電波とwifiは別物です。

キャリアが運用する電波は、割り当てられた電話番号を使用することで電話を行うことができますし、ネットサーフィンをしたりSNSを利用したりするデータ通信も行うことができます。

一方でwifiはデータ通信のみを行います。アプリを使った通話ではキャリアの電話番号を使用しないのが特徴です。

 

スピーカーが不調

iPhoneのスピーカーはシンプルな構造をしているため、物理的な損傷を起こすことはほとんどありません。スピーカーの不調によって引き起こされる通話の異常はほとんど無いと言ってよいです。

 

ただし、スピーカーを覆っている網に皮脂や汚れが詰まってしまっている場合は、音が出る口をふさがれるわけなので、うまく音が聞き取れなくなることがあります。

 

オーディオのシステムに異常

iPhoneに搭載されているオーディオファイルやシステムドライバの異常で、音源の再生・録音に関わるシステムに異常があれば、もちろん通話も上手くできなくなる可能性があります。

 

多くの場合はシステムログに”amp”にまつわるエラーが表示されます。iPhone7の場合は、通話中の「スピーカー」ボタンがグレーアウトしている事があります。

 

音源に問題がある

単純に、声が小さいとマイクで拾えないことがあります。

 

オーディオシステムのひとつで、コンプレッサーやリミッターの役を担う機能が設けられていて、その設定が狂っていることもあります。しかしながらたいていの場合は、小さすぎる音は拾われづらいです。

 

また、使用しているケースや通話中の手の位置によってはマイクをふさいでしまう事があり、音源を拾う邪魔になってしまいます。

 

まとめ

通話にまつわる不具合の原因の話でした。

 

店舗webサイトにはもっと多くのiPhone修理にまつわる話があります。

どれも実際に店舗で行われた修理の話ですので、役に立つこともあろうと思います。

 

★人気記事★

ホームボタン「このiPhoneでTouch IDをアクティベートできません。」修理!?

 

iPhoneの充電器が折れた!!取り出しもお任せください!!

 

急にiPhoneX、iPhone8でリンゴループ!?フリーズ!iPhoneが使えなくなって困る!そんな時に試せることは・・・?