iPhone修理 専門店 スマップル静岡店

iPhoneの画面割れは早期修理が吉!

 

本日はiPhone7の画面をお直ししていきたいと思います。

今回は葵区のお客様にご連絡を頂きました(*´ω`*)

仕事から帰る途中のバス停で携帯を落としてしまい、角からコンクリートの上におちたiPhoneはバキバキになってしまったようです。

お持込み頂いた時には画面を切っていただいており大変助かりました!

画面の損傷がある状態で放置してしまうとパスコードロックというものがかかってしまいデータが消えてしまうことがあるためです。

画面が起動したときの状態がこちらになります。

iPhone7 修理前

黒い線が縦にでてしまっていますね。

こちらが修理業者のなかで液漏れと呼ばれる症状になります。

衝撃でひび割れた箇所からなることが多く、基盤が傷んだ場合もなることがあります。

今回は一部分だけが黒くなっていますが、時間が経つと全体が黒くなることがあります。

この状態になってしまったらまずはじめにバックアップを取るのが好ましいですが、タッチができないことが多いのでiTunesなどで取るのが簡単ですね。

実際に修理していくと下画像のようになります。

iPhone7 修理後

傷一つ無い画面となりました(*^^*)

今回は強化フィルムをはってあります。

これで画面の表示部分に衝撃が加わってもしっかり吸収してくれます。

画面の端が割れてしまうだけであれば表示部分が黒くなったりする心配はあまり要りませんが、表示部分に割れがかぶってしまった場合は注意が必要です。

スマップル静岡店が受付で診断させて頂きますので是非ご連絡下さいませ。

それではご閲覧頂きありがとうございますm(_ _)m