iPhone修理 専門店 スマップル宮崎店

スマップル株式会社ロゴ画像
スマップル株式会社ロゴ画像

宮崎 八幡宮 夏越祭

宮崎の代表的な祭りを開催する宮崎八幡宮!宮崎県民なら誰でも行ったことある宮崎八幡宮の夏越祭を紹介します。
その前に宮崎八幡宮のことについて触れてみたいと思います。
宮崎八幡宮は平安時代に創建された古社であります。
永承年間国司海為隆がこの地に来り、宮崎平野の開拓に当り上下の尊崇の篤かった宇佐八幡宮を勧請し、旧来この地に奉祀されていた橘の大神と共に合祀したのが当社の創建である。
鎌倉時代に記された『建久図田帳』、『宇佐大鏡』などの古文書にも、その頃の地名として、渡別府と記され、その頃の様子がいくぶんわかる。
当宮も、渡別府八幡、宇佐八幡、八幡宮等の名称で親しまれていたことは、当宮に残る社宝の棟札からも判明される。
それより時代とともに、内藤の諸侯、領主をはじめ、宮崎郷の中心として信仰され、宮崎の氏神として「八幡さま」の愛称とともに、人々に崇敬されてきた。江戸末期から明治五年にかけては、この地に私塾(開設杉田千蔭)があり、宮崎小学校はそれを母体に開設された。
領主武将の崇敬篤く、明治四年八幡神社としていち早く郷社に列せられた。その後の発展にともない、昭和四十三年十二月より宮崎八幡宮と改称し、つづいて境域の拡張、整備が行われ、昭和五十三年十月にはご社殿、神門、拝殿のご造営の竣工を見、つづいて昭和五十六年、参集殿の竣工をなし、武勇の神、安産の神、学問の神、商工の神として、多くの崇敬を受けている。
なお特殊神事として、夏祭り(七月末日)、どんど焼(一月十四日)神事などがあり、多くの参拝者を集めている。(インターネット調べ)
とこんな感じです(^^;

 

御神幸祭
・開催日時…2017年7月15日(土)13:00~
・開催場所…宮崎市中心市街地
※獅子、団尻、子供神輿、女神輿、本神輿が街中を練り歩きます。

◆御神幸祭タイムスケジュール
・13:00 宮崎八幡宮(神事・宮出し)
・14:00 宮崎八幡宮出発
・15:15 鹿児島銀行宮崎支店前(神事・休憩)
・16:15 宮崎山形屋(神事・休憩)
・18:30 上野町(神事・休憩)
・20:00 宮崎県庁前(休憩)
・20:40 宮崎八幡宮(宮入り)
・21:00 御還幸祭、直会