iPhone修理 専門店 スマップル静岡店

スマップル株式会社ロゴ画像
スマップル株式会社ロゴ画像

iOS13でリンゴループになってしまった方へ

本日は「やらまいかミュージックフェスティバルin はままつ」というイベントをご紹介します。

2019年10月19日から20日の間プロ・アマ、音楽ジャンルさえも問わない音楽フェスティバルが開催されます。

JR浜松駅周辺で2日間に渡って年齢を問わずに楽しむことができると思います。

今年は285組1260人のミュージシャンが出演し、延べ22ステージも行われるようです。

見る聞くだけではなく楽器メーカーによる体験会も行われますので五感をつかって楽しんで下さい(*^^*)

イベント詳細

開催日:2019年10月19日(土)、20日(日)

開催時間:19日/11:30~19:15
20日/11:00~19:55

会場:キタラ・ソラモなどJR浜松駅周辺22ステージ(2日間計)

住所:浜松市中区

料金:観覧無料

 

それでは本日はリンゴループの症状の対処法を書いていこうと思います。

書こうと思ったのは最近のアップデートiOS13.0.2になってからiPhoneの起動不良になってしまうお客様が多くなってきたからです。

リンゴループとは電源をいれた時やアプリを起動した時にリンゴのマークがついたり消えたりして元に戻らなくなる症状です。

現在起きている端末は古い機種に多くみられますのでもしかしたら端末の老朽化も関わっているかもしれません。

それでは簡単にできる方法からお伝えしていきたいと思います。

iPhoneを強制再起動してみましょう

iPhoneを再起動することによってリンゴループが直る可能性があります。

再起動の仕方はご存知でしょうか?

iPhone6s以前の機種であればホームボタンとスリープボタンを数秒間長押しです。

iPhone7、iPhone7Plusは音量を下げるボタンとスリープボタンを長押し、iPhone8は音量ボタン上げる、下げると交互に押した後にスリープボタンを長押します。

iPhoneXシリーズは今回リンゴループが確認されていないので省きますが大体のやり方は同じになります。

リンゴループが起動から10秒ぐらいしてから解除されたら成功です。

これで直らない場合はパソコンを使って他の方法を試してみましょう。

パソコンに接続しアップデートを試してみる

システムの破損の可能性があるのでアップデートを念を入れてもう一度行います。

アップデートをするにはパソコンに充電ケーブルで繋ぐ必要があります。

つないだ後は強制再起動のやり方と同じ手順でボタンを押していき、最後にスリープボタンを押すところですぐに放すのではなく押し続けます。

一度で行かなかった場合もあるかもしれませんが根気よく何度も試すと接続できることがあります。

うまく接続できるとiPhoneにはパソコンのマークが表示され、パソコン側では更新または復元をしますかと案内されていると思います。

ここで注意ですが、初めて接続した際は絶対に更新を選んで下さい。

復元を選んでしまうとデータが初期化となってしまいます。

復元は最終手段とおぼえておいて下さい。

更新がうまくいくとデータを回復していますとiPhoneの画面で表示されたあとでダウンロードが開始されます。

ここまでやっても直らなかった方へ

再起動もだめ、更新もだめそうなってしまったら個人でできることもそうないかと思います。

残された手段はパーツ交換で新品にして更新をかけてみることです。

バッテリーや画面、カメラを交換することで直ることがあります。

修理店でしかできないですがやっているところは少ないです。

スマップル静岡店であれば対応していますのでお困りの際は是非ご連絡いただければと思います。

データに諦めがつくのであれば復元してしまうのも一つの手です。

iOS13の症状は復元することで直るケースが本当に多いです。

データはまっさらな工場出荷状態となってしまいますが、電話をなんとか使いたいといった方や、バックアップはすでに取っていたという方にとっては良い方法だと思います。

やり方に苦戦したらスマップル静岡店にお気軽にご相談下さいませ。

それでは本日はここまでとします。

ご閲覧頂きありがとうございましたm(_ _)m