iPhone修理 専門店 スマップル札幌駅店

水没よりも危険?!発熱したiPhone!

とうとう札幌にも本日の21時頃、台風が上陸するらしく暴風警報や大雨警報の発令がされています。

今晩は外出を控えたり外出をする際はみなさん気をつけてくださいね。

このような自然災害の影響を受けてiPhoneの水没被害なども考えられるので防水対策をしましょう!

 

そして今回は水没よりも危険?!とされるiPhoneの発熱についてご紹介します。

iPhoneで長い間Webを見たりゲームをしていると『本体が熱くなってくる』

なんてことみなさん経験ありませんか?!

よくあることなのであまり気にしていない人が多いですが

実はこの熱がiPhoneにとって水没よりも怖いものになりえます。

もともとiPhoneは発熱しやすい構造になっています。

 

小さな本体の内部に回路が詰め込まれて放熱しにくく、パソコンについてる空冷ファンなどもありません。

iPhone7など防水機能のある端末では、密閉性が高いのでさらに放熱しにくくなっています。

熱くなっているときに本体を触ると、主にバッテリー部分が熱をもっていることがわかります。

iPhoneのバッテリーはほとんどがリチウムイオン電池でできていますが

これが比較的熱に弱く、45程度で劣化が始まるとされています。

 

充電しながら操作などするとバッテリーへの負荷がかかり、発熱しやすいです。

急速充電は特に通常の充電よりもバッテリーへの負荷がかかります。

バッテリーが劣化してゲームなど負荷の高いアプリを使用したりすると

いきなりフリーズしたり電源が落ちたりする原因にもなります

なのでiPhoneが高熱化したときはケースを外したり、負荷をかけている操作を中断し

できれば電源をきりましょう。

それでもバッテリーの調子が悪い、充電がたまりずらいなんてことがあれば

スマップル札幌駅店でバッテリー交換をしてみてはいかがでしょうか?!

データを初期化せずに作業いたします。作業時間も10分程度で終わりますよ^^

お困りの際はお気軽にスマップル札幌駅店にご相談ください^^

 

ページのトップへ