iPhone修理 専門店 スマップル博多店

スマップル株式会社ロゴ画像
スマップル株式会社ロゴ画像

うみなかバラまつり2019が海の中道で開催中!!スマップル博多ではIPhone7の画面割れ修理中!

福岡市東区の海の中道海浜公園では

うみなかバラまつり2019と称して5月11日から6月2日まで

公園内に約220種、1800株のバラが咲き誇っています。

またバラに関するイベントも開催されており

香りのバラ選抜総選挙やローズセミナーなど

ご家族で楽しめるイベントとなっています。

もちろんバラの苗の購入なども出来るようです!!

期間中にぜひ海の中海浜公園にご家族で行かれてみてはいかがでしょうかヽ(´▽`)/

 

さて本日はうみなかバラまつり2019が

開催されている海の中道海浜公園と同じ

東区から起こしのお客様のIPhone7の画面修理をご紹介致します。

 

お客様はお友達と博多駅の空天にお食事に行かれたそうで

たまたまお電話を取ろうとしてIPhoneをバックから取り出したときに

ポロリとIPhoneが落ちてしまったそうです。

慌てて拾い上げると液晶画面にノイズがはいって

タッチの反応がなくなってしまったそうです。

 

 

お預かりしたときの状態がこちらです

iPhone7画面割れ

状態を拝見させていただくと・・・

おそらく本体右下から落下してしまったのか

ガラス画面に多数のヒビ割れが発生しています。

さらに液晶画面右側1/3にかけて

黒いシミのようなものがありますが

こちは液漏れという症状で

液晶画面(液晶層)が割れてしまい

黒い表示しかできない状態です。

現状はタッチが効かないのですが

万が一パスコード入力画面で

タッチ反応が内部で効いていると

IPhone側認識してしまうと

「パスコードが違います」となり

その状態が11回続いてしまうと

「このIPhoneは使えません」となり

初期化を行わないとIPhoneが使えない状態になってしまいます。

ガラス割れも酷いので

このまま使用するとガラス片がポロポロと剥離してしまい

操作のさいに指や耳などに刺さってしまい

大変危険です。

さらに割れた画面の隙間から

水分や異物が入り込み

IPhoneの本体基盤やバッテリーやその他のパーツにも

ダメージを与えてしまいます。

 

この状態は大変危険ですので

すぐにガラス+液晶画面修理を行います。

IPhone7の画面修理ですと

当店では他店ではほぼ行われない

耐水シール無料張替えサービスを行っております。

IPhone7から搭載された耐水機能ですが

仕組みとしては

フロントパネルと本体フレームの間に

両面粘着質の耐水パッキンが貼られており

この耐水シールがあることで

内部に水分が少しでも浸入しないようになっています。

しかし画面割れや本体の変形

経年劣化などで耐水機能は劣化しますので

基本的にはIPhoneは精密機器ですので

修理をするしないにかかわらず

水気のある所での使用は控えていただけると

より長くIPhoneを使用することができると思います。

 

さて修理後の状態を見てみましょう!!

iPhone7画面割れ修理後

こちらが修理後ですが

修理前に発生していた

表示全体の縦線、ノイズもなくなり

液晶画面右側に発生していた

液漏れも綺麗になくなりました!!

 

もちろんガラス画面も新しいものになっているので

ガラス片が指にささるなんてこともないですよ!!

 

この後に修理前はタッチ反応がなく出来なかった

こまかな動作確認も

修理後はタッチ反応が改善されているので

しっかりと細かなところまで動作確認を行いお客様にお返しとなります。

 

お返し時にはお客様は

バックアップもとっておらず

データが大丈夫か心配されていたそうですが

データそのままの状態でお返しなので

大変喜ばれていました!!

 

スマップル博多店は

本日のIPhone7のような

液晶画面修理の他にも

バッテリー交換やカメラ交換など

さまざまなIPhone・スマホの故障に

地域最速で修理いたします!

博多駅から徒歩4分の距離にあり

アクセスも抜群です!!

IPhoneの事で

なにかお困りの際には

すぐにご来店ください!!