iPhone修理 専門店 スマップル大分店

初の地方開催、スポーツ・オブ・ハート2017in大分!

ただいま大分駅前にて開催中のスポーツ・オブ・ハート2017in大分!

 

国際車いすマラソンをはじめ、1964年の東京パラリンピックに大きく貢献した
社会福祉施設「太陽の家」発祥の地である大分県。

今回初の地方開催の都市に選ばれたのも、こうした取り組みに対して
先進的かつ受容的だからと言えるのでしょうか?

 

これからの時代に欠かせないノーマライゼーションへの取り組み、その第一歩。
大分県から盛り上げていきましょう!

 

さて、今回も当店での修理をご紹介します。

こちらはiPhone 6Sの画面修理です。

左下、右下部分を中心として放射状に割れが広がっています。
触るだけでもぽろぽろと破片が落ち、油断すると怪我の危険。

 

画面右部分も液晶が滲み、黄色い跡ができるほど……

幸い画面以外の機能には影響がないようですが、このままでは大変危険。

 

思わぬ怪我を避けるためにも、すぐに修理を行いましょう。

 

 

まずは動作を確認し、現在の画面を外して……

こういった割れの度合いが酷い修理の場合、内部に破片が入らないよう
より慎重に作業を行います。

 

画面を外し、破片などが内部にないことを確認したのち
すぐに画面を交換します。

 

修理後はこの通り!

割れ自体はかなり大きなものでしたが、
内部への影響がなかったことですぐに作業は完了!

 

スマップル大分店、ご利用ありがとうございました!