iPhone修理 専門店 スマップル宮崎店

スマップル株式会社ロゴ画像
スマップル株式会社ロゴ画像

宮崎 青島伝説

宮崎の観光地 青島の伝説が素敵すぎる件

青島神社には美しい景色を背景にした神話が残されていて、「海幸彦・山幸彦」の名で親しまれています。山幸彦とは青島神社がまつる彦火々出見命(ひこほほでみのみこと)のことです。

弟の山幸彦は山で猟をし、兄の海幸彦は海で漁をして暮らしていました。ある日のこと、二人はお互いの道具を交換してみようということになりました。しかし、山幸彦は魚が一匹も釣れないどころか兄から借りた釣り針をなくしてしまいます。
もちろん、兄の海幸彦は怒り、元の釣り針を返せと山幸彦を許しません。

困った山幸彦は塩筒大神(しおづつのおおかみ)と出会い、船に乗って海の神の宮殿へ行くよういわれます。山幸彦は宮殿にたどりつくと、泉のほとりにある桂の木の上に登って待ちました。やがて海の神の姫、豊玉姫の侍女が現れて山幸彦に気付きます。そのことを知った豊玉姫とその父の海神は山幸彦を宮殿へと案内し、やがて豊玉姫と山幸彦は結婚をしました。

 

それから3年がたち、山幸彦はなくした兄の釣り針のことを思い出しため息をついていました。事情を知った豊玉姫と海神の助けを借りて山幸彦はなくした釣り針を見つけ出し、地上へと戻り青島に上陸します。そして山幸彦は、海神に言われたように呪文を唱えて後ろ手にして海幸彦に釣り針を渡しました。それ以来海幸彦はますます貧しくなり山幸彦を襲うようになりましたが、山幸彦は海神から渡されていた塩満珠(しおみつたま)を使って海幸彦を溺れさせ、塩涸珠(しおひるたま)を使って海幸彦を助けて懲らしめました。
そうして山幸彦は海幸彦を許してやり、日向の国を統治するようになったといわれています。