iPhone修理 専門店 スマップル心斎橋店

スマップル株式会社ロゴ画像
スマップル株式会社ロゴ画像

iPhoneのカメラが突然使えなくなった!そんな時にはスマップル心斎橋店★

iPhoneに二箇所付いているカメラ機能。

ご存知、フロントカメラとバックカメラにわかれます。

 

自撮りする側のカメラと、通常使用するのに使うカメラですが…それぞれのよくある故障についてご案内します。

 

まずフロントカメラ…。

 

これについて、カメラだけのパーツではないんです。

ここには様々な機能が詰め込まれていて、一つはハンズフリー時に使うマイク。

壊れたことに気づきにくいパーツですが、ハンズフリーができなくなったらここの故障を疑います。

 

また、照光センサーもここについています。

外部の明るさに応じて画面明度を自動で調整してくれる機能、ここもなかなか気づきにくい縁の下の力持ち的な機能ですが、おかしいなと感じましたら、フロントカメラパーツの故障ですね。

 

さらに重要な近接センサー。

これは、普段気にしていないとなかなか知ることのない機能ですが、通話時に画面上部を覆い隠すと画面がパッと消える機能を確認できると思います。

 

耳などで誤作動を起こしたり、通話中の電池を節約するための機能ですね。このセンサーもフロントカメラについているんですね。

 

さらに、通話に使うイヤースピーカーパーツと、本体基盤を接続するためのコネクティブケーブルとしての役割も兼ね備えています。

通話時に相手の声が聞こえないなどの場合、だいたいフロントカメラの交換で直ります。

 

意外ですね…。

 

そんな重要なパーツだからこそ壊れやすいのも特徴…。

経年劣化や、落とした時の衝撃などで意外と切れてしまったりなどの事故があとをたちません。

 

もちろんメインである撮影機能が壊れてしまうこともあり、カメラアプリを起動してもまっくら…なんて場合もあります。

 

次にバックカメラについてですが、今進化してますね~!二連カメラなんかがついたりして!

画素数もiPhoneXSMaxなんかは1200万画素もあり、これは写真をプリントした時にA3くらいまで拡大してもキレイに映るくらいの数字です。

 

数あるスマート・フォンの中でも、iPhoneはもともとカメラに特化したシリーズではなかったので、進化期において壊れやすくなっているというのも事実としてあるようです。

 

特にiPhone7のカメラが壊れやすいイメージですね。

何もしていないのにピントが急に合わなくなったとか、ブレ始めたとか、全く映らなくなったとかとか…。

 

Apple公式修理サービスのページを見てみますと、カメラ修理だけという記述はありません。

ここが壊れると基本的に本体交換となることが多いようです。

 

一箇所しか壊れていないのに本体ごととなると、何かと手間ですね^^;結構料金もかかります。

 

しかしスマップル心斎橋店では、カメラの部品だけを替える方式で修理を行いますので、まったく無駄がありません。

料金もその分おさえられ、内部データにも干渉しませんので、データ等消す必要もないのです。

 

手前味噌にはなりますが、お客様にとってのメリットを前面に打ち出し修理のご依頼を承っております^^

 

もちろんその日のうちにお返しが可能ですので、お買い物のついでなどにぜひご予約を頂ければ嬉しく思います!

iPhoneのカメラが壊れたらぜひスマップル心斎橋店までお問合せ下さい!

 

公式ホームページからお問合せお待ちしております!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

スマップル 心斎橋店 (11:00~20:00)

06-4708-5350

〒542-0086

大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目7-8シンズ三角タワー2F

https://smapple-shinsaibashi.com/