iPhone修理 専門店 スマップル熊本店

阿蘇大橋の先にあるカフェ「ちきゅうや」 iPhone7の画面修理

スマップル熊本店のブログへようこそ!

本日は先週工事が完了した阿蘇大橋について少しお話したいと思います。

 

阿蘇大橋とは熊本県阿蘇郡南阿蘇村立野と南阿蘇村河陽字黒川の国道325号の黒川を跨ぐところに架橋されていた橋であり通称・赤橋と呼ばれています。

1994年に灰色に塗り替えられたが、当初橋の塗装はオレンジ色だったため以後も地元では「赤橋」の通称で呼ばれていました。

2016年4月16日の熊本地震で発生した大規模な土砂崩れにより崩壊してしまい、今までは熊本県道28号「俵山トンネル」経由などの迂回ルートが使われていました。

応急工事が終わったため、南阿蘇村中心部と立野地区や熊本市方面との大きな迂回が解消し、南阿蘇村役場から九州道の熊本ICまでは、

現在の「俵山トンネル」を経由するルートの約42km・約60分から、開通後は約28km・約35分に短縮される見込みとなっています。

 

以前はこの橋を通って阿蘇の方に出かけていたりしていました。

そこで今回は阿蘇周辺にある飲食店を紹介したと思います。

熊本県南阿蘇村久石2972-5にある「ちきゅうや」です。

昭和55年創業し熊本市の市役所裏で30年以上営業されていましたが、2015年1月31日に南阿蘇の方に移転して営業されています。

営業時間は11:30~15:00(14:30にラストオーダー)となっていてお休みは不定期となっています。

18時以降に行きたい方は要予約となっています。予約や問い合わせの番号は050-5869-0437。

メニューはパスタやカキフライやエビフライなどがあり、デザートにガトーショコラやバニラアイスクリームがあり、

飲み物はコーヒー、アールグレイやダージリンなどの紅茶を用意しています。

ここに初めていった時は友達の紹介で行ったのでここの看板メニューであるから揚げを注文しました。

こちらは400gが1000円、650gが1200円となっていて行った時には腹ペコの男3人だった為3人とも650gを注文しました。

上の写真の通りかなりの大きさです。しかもこれで半分なんですよ。

さすがに650gを3人分だと一つの皿には載せられなかったので別皿で持って来ましたが、量と個数はほぼ同じから揚げがもう一つ。

何とか食べ切りましたがほとんどのお客さんは食べきれず持ち帰るそうです。

お店側も持ち帰れるようにパックを用意してくれているので安心してください。

 

さて唐突ですがここで当店が実際に修理しているビフォー、アフターを紹介します。

9月に新型のiPhoneが発表されますが、それまでは最新であるiPhone7の修理になります。

ガラスにヒビがあり液晶にも太い縦線が入っているのでもはやタッチすることもできません。

iPhone7の画面修理は当店だと約1時間の作業になっています。

ちょっと長いランチをすればあっという間の時間ですね。

そして↓が修理後になります。

新しいiPhoneにするために修理を控えてる人が多いかと思いますが、完全に壊れてしまう前に安く修理が出来る

スマップル熊本店でキレイにしちゃいましょう!