iPhone修理 専門店 スマップル宮崎店

スマップル宮崎店で本当にあったiPhone怖い話・・・

先日、スマップル宮崎店に一件の修理依頼がありました。

「iPhone7がリンゴループになってしまった」

早速スマップル宮崎店にお越しいただき原因調査を始めました。

リンゴループはソフトウェアに問題があることが多いので更新や復元を試そうと思いましたが、バッテリーの劣化などでもリンゴループに似た症状になることがあるのでまずは本体内部を調査することにしました。

フロントパネルを外し内部を見てみると・・・

 

( ゚Д゚)

 

唖然としました。。。

フロントカメラのコネクターが真逆に取り付けられていたんです(>_<)

怖すぎる・・・(笑)

お客様に連絡してみると、

「友人から譲ってもらいリンゴループだからもしかしたら修理して使えるかもしれないと言われた」とおっしゃっていました

前に持ち主の方が以前ご自身で画面の修理を行ったそうです

フロントカメラのコネクターを正しく接続すると正常に起動しました!!!

 

フロントカメラという一見全く関係なさそうなパーツの不具合でリンゴループになり正常に起動しなくなるなんて一般な方は気付かないと思いますがiPhoneは精密機器です。

全てのパーツが親密に関係していて一か所でもおかしなところがあると起動しない事があります

 

正しい知識と正確な修理技術がなければiPhone修理はとても難しい事なんです((+_+))

個人での修理は本当にお勧めいたしません

今回は基板やパーツが幸い、破損しておらず大丈夫でしたが基盤が万が一破損してしまうと二度と使えなくなる可能性もあります。

iPhoneの不具合でお困りの際は確かな修理技術と高品質パーツ使用のスマップル宮崎店へお越しください!!!

ページのトップへ