iPhone修理 専門店 スマップル浜松 富塚店

スマップル株式会社ロゴ画像

浜松カップ「フェスタ・サンバ2018」

全国のみんさんこんにちは、スマップル浜松富塚店です(*^^*)

みなさんは間近でサンバを見たことがありますか?浜松ではサンバが間近で見られるイベントが開催されます!

文化交流しながら楽しめる!

ザザシティ前の鍛冶町通りが歩行者天国に!全国各地のサンバチームが華麗な衣装に身を包み、本格的なダンスを披露してくれます(^_^)/全国で最も多くブラジル人が住んでいる町・浜松。日本人市民と外国人市民の交流を促進するとともに「多文化共生都市・浜松」を全国に発信します(*^^*)にぎやかな秋の祭典をみんなで楽しみましょう(*´∀`*)

 

 

 

 

バッテリーの寿命は1年半~2年と言われています!

上記で書かせていただいたイベントや旅行の思い出の写真を撮ったり、友達との約束や何気ない話などで通話やメールをつかったり、日常になくてはならない存在となったスマホですがバッテリーの持ちが悪かったり電源が突然落ちてしまうと非常に使いづらいですよね!バッテリーにも劣化する大体の目安の期間があります!それがタイトルにもなっている1年半から2年です!これはあくまでも目安なので使い方によってそれより早くなることもありますし、それより長持ちすることもあります!

早く劣化させたいという方はいらっしゃらいないと思いますので長持ちさせるためにしたほうがいいことを書かせていただきます!

 

・1、充電しながら使用しない!

・2、過充電しない!

・3、過放電しない!

・4、適正温度内での使用!

 

以上のことを守っていただけるとバッテリーは劣化しにくくなります!しかしこれだけではなんのことだかわからない方も多くいらっしゃると思いますので簡単に説明させていただきます(^^)

 

1番はそのままの意味なので特に説明はないのですが充電しながらの仕様はバッテリーの負担がかかってしまいますので劣化の原因になるのでやめたほうがいいです!

 

2番は夜寝るときに充電器をし、そのまま朝まで放置の方が多くいらっしゃると思いますが充電が100%になっても充電し続けるのはバッテリーの負担になりますので気をつけましょう!

 

3番は充電が0%になってから充電したほうがいいと聞いたことがある方が多いと思いますが、0%になる事自体が負担になるので20%ぐらいになったら充電するほうが劣化は進まないと言われています!

 

4番はアイフォンにも適正温度があります。15℃~35℃が適正温度ですので35℃以上になってしまったり15℃以下になってしまうと端末にどのような変化があってもおかしくありません!夏場に車内放置すると車の中は70℃以上になることもありますので一発で劣化が進行してしまう可能性もあります。お気をつけてください(^^)

 

上記のことを気をつけていても全く劣化しないというわけではありませんので、もしも劣化してしまった時はスマップルで修理しましょう!予約なしの飛び込みのご来店でも即日対応が可能ですのでお気軽に起こしください(`・ω・´)ゞ