iPhone修理 専門店 スマップル博多店

スマップル株式会社ロゴ画像
スマップル株式会社ロゴ画像

博多の街の飾り山スポットをご紹介!

こんにちは。

7月の博多の街は、山笠一色です!

7月11日は、朝山といわれ、まだ日も登らないうちから

博多の街では「おいさ、おいさ」の声が響き渡ります。

朝山は、その名の通り11日午前5時から午前6時にかけて各流で行う行事で、

各流それぞれ流域を早朝から舁いて回ります

朝山は別名「祝儀山」とも呼ばれており、特別な行事でもあります。

この日は、功績のあった年寄りを招いて縁起物の神酒や肴を出しもてなしたり、

子供達が大人が舁く山に台上がり出来る唯一の日であったりと、

とてもおめでたい山舁きが行われます。

また、まだ薄暗い明け方の中、ライトアップされた舁き山や男衆の姿は、

とても神々しく見えます。早朝スタートではありますが、

各流ごとに行事の風習が異なるなど、見所がたくさんある通好みな行事ともいえます。

もし、お時間があるならぜひ早起きして博多の街へ見にいってみてくださいね!

さて、この時期に、福岡市内には、各所に飾り山といわれる壮大な山笠がお目見えします。

今回は、その飾り山スポットのご紹介です。

 

一番山笠
中洲流:中洲流は舁き山と飾り山の2つを奉納しています。

飾り山は中洲大通りの「ホテルリソル博多」前に建てられます

 

三番山笠
千代流:千代流は舁き山と飾り山の2つを奉納しています。

飾り山は地下鉄千代県庁口駅すぐの「パピヨン24」前に建てられます。

 

七番山笠
東流:東流は舁き山と飾り山の2つを奉納しています。

飾り山は大博通り沿いの「呉服町ビジネスセンター」前に建てられます。

 

八番山笠
上川端通:土居流内の上川端通が独自に建てる飾り山です。

「走る飾り山笠」としてお馴染みで、

追い山ならし(7月12日午後)と追い山(同15日早朝)では”櫛田入り”を行います。

 

九番山笠
キャナルシティ博多
県内外だけでなく海外からも数多くの観光客が訪れる、

人気の高い複合商業施設「キャナルシティ博多」の中央広場に建てられる飾り山です。

 

次回は、飾り山スポット後半になります★★