iPhone修理 専門店 スマップル渋谷宮益坂店

スマップル株式会社ロゴ画像
スマップル株式会社ロゴ画像

宮益坂の歴史

スマップル渋谷宮益坂店です!

東京にはいろいろな坂がありますが、どの坂も歴史ある良い坂ばかりですね!

坂、大好き!

今日は宮益坂店がある「宮益坂」について語ろうと思います!

 

江戸時代には交通の主な経路のことを街道と呼んでいました。そんな街道のひとつ、大山街道の最初の茶屋として賑わっており、上渋谷の中心のひとつでした。上渋谷一帯は古くから賑わっていた金王八幡宮に対して新町と呼ばれ、茶屋や酒屋がありました。江戸スタートで三軒茶屋のひとつ前の休憩所でした。宿場町から宿場町の途中にある休憩所的なポジションである立場としての機能を持っていました。そのうちに、御嶽神社や千代田稲荷の門前町でもあることから、町奉行のもとに置かれるようになりました。そこから渋谷宮益町として「宮益」が始まるんですね。

始めのうちは「富士見坂」と呼ばれていましたが、宮益町の坂ということで宮益の坂、宮益坂とされました。立場のなごりで商業施設や職人の職場、飲み屋街でありました。

ちなみに「富士見坂」の名称のとおり、富士山が見えていたのですが、東横デパートが完成したことによって富士山は見えなくなってしまったのです、、、

憎き東急デパート東横店・・・しかし東急東横店のおかげでいろいろと助かっております。

ありがとう東急百貨店東横店・・・