iPhone修理 専門店 スマップル

iPhone修理なら安くて速いスマップルグループにお任せ

スマップル株式会社ロゴ画像

iPhoneを知ろう

◆iPhone8Plus

iPhone8PlusはiPhone8同様、十周年を記念したナンバリングとなる。 外観は従来のPlusシリーズ、スペックとしてはiPhone7Plusの継機種と呼べる端末。 純粋なスペック向上の他、iPhone8Plus独自の機能として【ポートレートライディング】が新たに追加されている。 これにより、より一層カメラ機能を楽しむことが出来る。 最新の機能とスペックにより、非常に快適な状態で利用することが可能となる。

◆iPhone8

初代iPhoneが販売されてから10年、記念すべき端末となるiPhone8。 従来なら『iPhone7s』になると思われていたが、十周年ということもあってかナンバリング変更を設けた上で販売開始となる。 「iPad Pro」で初めて採用されディスプレイ・テクノロジーがiPhone8に採用されたことにより、常にホワイトバランスを調整することで自然な見え方を維持出来る。 また、背面パネルもアルミ材質からガラスに変更が加えられたことにより、iPhone初のワイヤレス充電を実現。 その他に随所に手が加わっており、音量・音質の向上、スペック表だけでは測れないカメラ機能の進化など、痒い所に手が届くようになった端末となる。

◆iPhone7Plus

iPhoneシリーズで初めて防水・防塵を謳っている。また、日本向けのモデルにはFeliCaを初搭載し、5.5インチの画面サイズを搭載した機種である。

◆iPhone7

iPhoneシリーズで初めて防水・防塵を謳っている。また、日本向けのモデルにはFeliCaを初搭載した。
このような機能は日本のガラパゴス化の例としてよく言われていたため、iPhoneが搭載したことに対して驚きの声が上がっている。

◆iPhone6sPlus

iPhone 6 Plusに引き続き64bitアーキテクチャとなっており、パフォーマンスはCPUが70%、GPUが90%向上したとしている。
採用されたモーションコプロセッサーのM9はSoCに組み込まれており、バッテリー駆動時間が向上したほか、各種センサーの常時起動性能の向上も計られ、Siriが常時起動状態となりいつでも「Hey Siri」と呼びかけることでSiriを呼び出すことが可能となった。
指紋認証システムのTouch IDも第2世代となり、指紋認証が従来よりも高速化している。

◆iPhone6s

iPhone 6に引き続き64bitアーキテクチャとなっており、パフォーマンスはCPUが70%、GPUが90%向上したとしている。
採用されたモーションコプロセッサーのM9はSoCに組み込まれており、バッテリー駆動時間が向上したほか、各種センサーの常時起動性能の向上も計られ、Siriが常時起動状態となりいつでも「Hey Siri」と呼びかけることでSiriを呼び出すことが可能となった。
指紋認証システムのTouch IDも第2世代となり、指紋認証が従来よりも高速化している

◆iPhone6Plus

これまでのiPhoneは複数のモデルが発表される際もディスプレイのサイズが統一されていたが、今回は異なる2種類のサイズのモデルが開発されており、本機種は5.5インチ(1920 x 1080ピクセル、401ppi)とiPhoneでは初となる5インチ以上の画面サイズを搭載した機種でiPhone 6の画面を大型化した上位機種である。

◆iPhone6

ディスプレイサイズは4.7インチ(1334 x 750ピクセル、326ppi)と大型化し、「Retina HD displays」と称する新ディスプレイを搭載。コントラスト比が1400:1と従来機よりも向上し、紫外線を使っての液晶を精密に配置する「光配向プロセス」によって正確に並んだ液晶により、従来よりも黒をはっきりと表示することが可能となった。また、デュアルドメインピクセルによって視野角を向上している。

◆iPhoneSE

iPhone SEは iPhone 6s よりも1インチほど小さいサイズで、5Sと同等サイズとなっている。
6sおよび 6s Plusと同じくA9チップを採用しているが、3D Touchは採用されていない。
また、気圧計も5S同様搭載されていない。

◆iPhone5s

SoCは新たにApple A7を採用し、スマートフォンでは初となる64ビットアーキテクチャとなっている。
なお、アップルではCPUとGPUはiPhone 5に比べ2倍の性能と謳っている。
2008年初代iPhoneからは56倍の性能。
グラフィックス面ではOpenGL ES 3.0をサポート、ビデオ撮影のフレームレートも向上している。

◆iPhone5c

iPhone 5の後継機種で、5sとは異なり多くの機能が5から据え置かれたものの、一部ではこれまでのiPhoneにはない新しい試みが施された。

◆iPhone5

以前のiPhoneシリーズは3.5インチの画面だったが、縦に長くした4インチの画面になった。
これに合わせて筐体も縦長になった。
液晶ディスプレイはインセル型タッチパネルを採用し、従来に比べて薄型・軽量化を実現した。
内部ではSoCにApple A6を採用した。
これにより、CPUとグラフィック性能がiPhone 4Sと比べて最大2倍の処理能力となった

◆iPhone4s

iPhoneの第5世代機種であり、前機種であるiPhone 4の外面デザインを引き継ぎ、ハードウェア機能の改善やソフトウェアのアップデートが施されている。
「4s」という名の由来になったSiriと呼ばれる音声認識システムとiCloudというクラウドストレージサービスが搭載されている。
端末の幾つかの機能がSiriを通して音声で操作できるとされる。

◆iPhone4

2010年6月7日にWWDCで発表され、同年6月24日から順次世界各国で発売が開始された。
iPhone 3G以来、シリーズ2度目のフルモデルチェンジとなった。
日本ではiPhone 3GS同様にソフトバンクモバイルのみが販売していた。