iPhone修理 専門店 スマップル未分類店

スマップル株式会社ロゴ画像
スマップル株式会社ロゴ画像

今年は12年に一度の「大酉の市」

みなさん、こんにちは。

iPhone修理スマップル上野店です

浅草酉の市、今年は12年に一度の「大酉の市」です。

そもそも、東京浅草酉の市とは?

鷲(おおとり)神社は「おとりさま」とも呼ばれ、江戸時代から親しまれている神社です。

言い伝えによれば、天之日鷲命(あめのひわしのみこと)の祠(ほこら)に日本武尊(やまとたけるのみこと)が東国征伐の帰途、戦勝を祝ったとのこと。

天之日鷲命は、諸国の土地を開き、開運、殖産、商賣繁昌に御神徳の高い神様としてこの地にお祀りされていたのだそうです。日本武尊が祈った日その日が11月酉の日で、以後、この日をお祭と定めたと言われています。

酉の市は、冬の到来を告げる風物詩として発展し、浅草は特に浅草観音、新吉原、猿若町芝居小屋を控え、にぎわいをみせました。

今年の日程、2017年は三の酉です。さて、一の酉二の酉三の酉とは何か?

まず酉は十二支の子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の十番目の酉です。日付法で、酉の日に当たる日のこと。

暦にずっと当てはめているので、十一月にくる最初の酉の日が11日で一の酉、次が23日で二の酉となっています。

11月6日(月) 一の酉

11月18日(土) 二の酉

11月30日(木) 三の酉

昨年は二日でしたが、今年は三日のようです。

しかし、三日あるからと喜んでばかりもいられないかもしれません。なぜなら、昔から、三の酉の日は火事が多いといわれているそうなのです。

ちょっと調べてみたのですが、これは三の酉の頃になると次第に寒さを増し、火を使う機会も増えることから火に対する戒め、鎮みから言われたという説が有力で、火の用心の心掛けから生まれた俗説のようです。

俗説ですが、言い伝えを肝に銘じ火の用心、心掛けたいですね。火事のお守りも売られているようですよ。

 

本日は、カメラの故障という事で動作確認をしてみるとバックカメラが壊れていることが確認できました。

iPhone5sのバックカメラ交換の依頼を受けたので交換作業スタートです。

画面を開き通電しないように絶縁テープを使います。

画面のコネクターを外し、パネルとフレームに分けてからカメラ交換です。

壊れたカメラを取り外すためコネクターを抜き、取り外します。新品を用意して取付完了です。

元に戻し、動作確認をしてみましょう。

問題なくカメラも動作OK。

カメラ交換でしたら、スマップル上野店最短10分で交換できますよ。

アクセス

JR上野駅広小路口徒歩3分

JR御徒町北口徒歩3分

地下鉄上野御徒町A7出口徒歩3分