iPhone修理 専門店 スマップル旭川店

スマップル株式会社ロゴ画像
スマップル株式会社ロゴ画像

第19回図書館まつり

皆さんこんにちは!

 

気温も低くなり、北海道では色々な場所でもう雪が降っております。

しかし、まだ10月ですので冬というには少し早い気もしますね。

まだ秋ということで、秋といえば「読書の秋」です!

 

 

・そもそもなぜ「読書の秋」と言われているのでしょうか。

人が最も集中できるのが18度前後と言われているそうです。

そのため、夏の暑さも一段落し、過ごしやすい秋は読書には最適で、

東京の9月、10月の平均気温が大体このくらいになるので、東京の方であればまさに、

今が勉強や読書にとっては最適な季節と言えます。

それなら春にもその温度になりますよね?

秋に限定する必要はないですよね?

と疑問に思ったあなた!!鋭いです!

 

 

実は、「読書の秋」には、古代中国に読まれた詩が元になったという説があります。

皆さんは、韓愈(かんゆ、768年 – 824年)という人物をご存知ですか?

韓愈は、中国・唐の中期を代表する文人です。

その文人が読んだ「灯火親しむべし」という詩があります。

その詩の意味が、「秋の夜は過ごしやすい季節で、夜には明かりを灯して読書をするのに最適だ」

という意味でした。

そして、この詩を夏目漱石が「三四郎」という小説の中で引用し、そこから秋といえば

「読書の秋」が広まったと言われています。

 

なんか少し難しい感じもしますが、ちゃんとした由来があるということです!

簡単に言えば、脳の活動にとっても、秋の気温は最適なため、

読書や勉強に没頭しやすい時期なんだといったところですね(笑)

 

そんな読書の秋のイベントとして北海道旭川市で11月3日(金)に、

「第19回図書館まつり」が旭川市中央図書館で開催されます!

イベント内容としては、

「絵本だいすきみんなあつまれ」 2階視聴覚室  11:15~12:00

「オペレッタ・ペープサート」 2階視聴覚室  12:45~13:45

「マジックショー」       2階視聴覚室 15:30~16:30

「おはなし会」        2階研修室   10:15~11:00

「喫茶ライブラリー」      2階研修室   12:00~14:30

他にもたくさんイベントがありますので、是非お子様をつれて読書の秋を

楽しんでみてはいかがでしょうか!!

他のイベント情報につきましては、「図書館まつり 旭川市」でお調べください!

 

日時:平成29年11月3日(金)   9時30分から16時30分まで

※図書館業務は9:30~18:00

場所:旭川市中央図書館

 

 

スマップル旭川店は、バッテリー交換や画面修理・水没修理なども

受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください!